開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 就業規則

就業規則

就業規則と休職制度について ③

休職から復帰する際には、病気、特にメンタル的な病の場合は、事業主の方にとっては、判断が難しいところがあります。ですから、このような場合を想定して就業規則に対処法を定めておく必要があります。しかし、労働者の病状等は、個人情報となってきますので、業務上必要ではありますが、事業主が、労働者に一定の指示・命令できる規定の存在が必要となってきます。

a0002_003636_m

就業規則と休職制度について ②

近年、うつ病等のメンタル的な病で休職制度を利用するケースが増えてきていますので、休職期間を設定する際には、「類似の事由での再休職を会社が認めた場合は、従前の休職期間を通算する」等の文言を記載しておくことが重要となってきます。

a0001_011466_m

就業規則と休職制度について ①

休職制度も相対的記載事項であるため、法的に事業主の方に求められる義務ではありません。しかし、福利厚生の面以外にも復職出来ない場合の取扱いが明確になるため、休職制度は、設けた方が良いと言えます。

ヘッダー4

就業規則と退職金制度について

就業規則の相対的記載事項の中の1つに退職金があります。本来、退職金制度が、無くても法律的には全く問題ありません。一度、退職金制度を導入すると、通常の賃金と同様に扱われ、経営者には支払いの義務が生じます。退職金制度を導入する場合には、慎重に検討することが必要です。

a0008_001855_m

就業規則の絶対的記載事項とは?

就業規則を作成する場合、必ず記載しなければならない絶対的記載事項と定めがある場合に記載しなければならない相対的記載事項があります。就業規則を作成する場合には、まず絶対的記載事項と相対的記載事項について正しく理解することが重要です。

a0008_001796_m

就業規則の周知と労働契約との関係

就業規則の基準に満たない労働契約は、無効となるので、従業員を雇用する際には、その点を考慮する必要があります。また、就業規則は、周知して初めて効力を有するので、就業規則は、必ず周知することが重要です。

a0002_012009_m

パートタイマー就業規則は、必ず作成する必要があるのでしょうか・・・?

パートタイマー就業規則は、正社員とパートタイマーとで賞与や退職金、慶弔休暇等の待遇や福利厚生面で差を付けたい場合には、作成する必要があります。パートタイマー就業規則を作成する前提として、パートタイマーの定義を明確にする必要があります。

ヘッダー8

就業規則は、使用者を守る唯一のものです。

この世の中には、労働者を守る法律は、数多くあります。しかし、使用者を守る法律はありません。つまり。使用者というものは、全く法律で保護されていない状態で、かたや法律で手厚く保護されている労働者と対峙しているわけです。ですから、使用者を守る唯一のものである就業規則は、経営にとって本当に重要なものです。

a0008_001810_m

就業規則と意見書の関係

労働基準監督署に就業規則を届出る場合には、従業員代表の意見を記した意見書を添付する必要があります。また、従業員代表は、投票等の民主的な方法で選出される必要があります。

a0008_001796_m

知って得する就業規則作成7つのポイント

就業規則を作成する場合に、少し視点を変えたり、ちょっとした1文を加えるだけで会社のリスクを大きく減少させることが出来る場合があります。今回は、就業規則を作成する際に、知っておくと得をするいくつかのポイントをまとめてみました。

a0001_008437_m
1 2 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾