開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 社会保険

社会保険

Q98 試用期間終了後の社会保険加入は、調査で指摘されるのでしょうか・・・?

【質問】   「日本年金機構から、健康保険と厚生年金保険の調査に入る旨の通知がきました。調査では、どのような事を調べられるのでしょうか?同業者に聞くと、試用期間中も社会保険に加入させる必要があると聞きました。当 …

Q70 国民健康保険の方が得なのでしょうか・・・? 

【質問】   「退職予定の従業員から、退職後は、国民健康保険と健康保険の任意継続被保険者とどちらに加入した方が良いのか、質問がありました。退職後は、どちらの保険制度に加入した方が得なのでしょうか?」 &nbsp …

Q62 パートタイマー等の社会保険の加入条件について教えて下さい・・・。

【質問】   「当社では、今後、パートタイマー等の人材を積極的に活用していきたいと考えています。それに伴い、福利厚生面でも充実を図りたいと思います。そのため、パートタイマー等も条件を満たせば、社会保険へ加入させ …

Q25 「扶養の範囲」とは、103万円と130万円の、どちらが正しいのですか・・・?

【質問】   「よく従業員から『扶養の範囲』で働きたい、と言われます。その際、年収が、103万円までという従業員もいれば、130万円まで、という者もいます。『扶養の範囲』とは、一体どちらが正しいのでしょうか?」 …

Q6 「夫ではなく子供を妻の扶養に入れることはできますか・・・?」

【質問】   健康保険に加入している女性従業員から、子供を夫ではなく、自分の健康保険の扶養に入れて欲しい」と言われました。聞くと、その従業員に夫もいて、自営業を営んでいて収入もあるそうです。そのような場合でも、 …

Q5 既に収入が130万円以上あっても健康保険の扶養に入れる?

【質問】   「従業員の妻が、勤務していた会社を退職したので、健康保険の扶養に入れて欲しいと言ってきたのですが、その妻は、既に収入が130万以上ありますが、健康保険の扶養に入れるのでしょうか?」   …

社労士が分かりやすく解説!退職後、どの保険制度に加入すれば良い?

労務管理のプロである社会保険労務士が、退職後にどの保険制度に加入すれば良いか?についてわかりやすく解説してあります。このブログをお読みになれば、各制度の概要がわかりますので、退職後の加入すべき保険制度について理解できます。

退職後に夫(妻)の扶養に入る手続きと失業保険との関係についてわかりやすく解説

労務管理のプロである社会保険労務士が、健康保険の扶養と失業等給付(失業保険)との関係について、わかりやすく解説してあります。このブログをお読みになれば、健康保険の扶養についての基本的な考え方と失業等給付との関係について理解できます。

社会保険の月額変更とは・・・?

社会保険の月額変更は、固定的賃金の額に変動があった場合や賃金体系が変更された場合に行われます。月額変更により標準報酬月額が変更されるのは、固定的賃金の変動等があってから3ヶ月後となります。

年収が130万円未満でも健康保険の扶養に入れない場合があります。

健康保険で被保険者の扶養に入る場合の年収要件である130万円は、現時点までの年収で判断するのではなく、今後の見込みの年収で判断されます。また、たとえ、年収が、130万円未満であっても、健康保険の被保険者になった場合には、扶養に入ることはできません。

1 2 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾