開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 雇用保険

雇用保険

退職後の失業等給付(失業保険)の受給条件について

失業等給付は、労働者が退職後に保険給付のですので、会社には関係が無いことと思われがちですが、実際には、離職証明書の発行や失業等給付の支給要件に関するトラブル防止するためにも、正しい知識を有することは、非常に重要と言えます。しかし、細部についてまで知る必要はなく、全体の流れやポイント、ポイントを正しく理解すれば十分かと思いますので、本ブログでは、失業等給付に関する基本的な知識や是非、知っておいていただきたいポイントについてお話ししていきたいと思います。

bus0011-001

雇用保険の適用加入拡大について

平成29年1月1日より雇用保険の適用が拡大され、65歳以上の労働者も高年齢被保険者として雇用保険の適用の対象となります。平成29年1月1日以降、新たに雇用保険の資格取得の手続きが必要となる労働者も出てくるので注意が必要です。

a0001_011490_m

高年齢雇用継続給付金について

高年齢雇用継続給付金は、60歳以降の賃金が、60歳時点の賃金と比べて75%未満に減額された場合に雇用保険から支給されます。

a0001_011518_m

取締役が雇用保険に加入するには・・・? -3-

取締役が、雇用保険に加入するには、支払われる報酬のうち、役員報酬より賃金の割合が多い必要があります。特に、決算書における報酬の処理を賃金で行うことが重要なポイントなってきます。

a0002_003098_m

取締役が雇用保険に加入するには・・・? -2-

取締役が、雇用保険に加入するには、労働者としての身分が強い必要があります。労働者としての身分が強いか否かを判断する1つのポイントが労働時間の管理です。そのために、取締役が雇用保険に加入する場合には、通常の労働者同様に出勤簿又はタイムカードの記載が必要となります。

a0001_016654_m

取締役が雇用保険に加入するには・・・? -1-

法人の取締役は、本来は雇用保険に加入できないのですが、労働者としての身分が強い場合には、例外として、雇用保険に加入することができます。その場合、ハローワークにおいて、「兼務役員の証明書」の発行が必要となります。

a0001_016644_m

雇用保険への加入と試用期間との関係について

雇用保険への加入は、あくまで雇用期間と労働時間とで判断され、パートタイマーやアルバイト、試用期間中といった従業員の身分で判断されるものではありません。雇用保険への実際の加入日より遅らせることは、失業等給付を受給できないといった大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

a0008_001860_m

試用期間中の雇用保険の加入について

従業員を雇用する場合に、試用期間を設ける場合であっても、雇用保険へは、加入条件を満たしている場合には、入社日より加入させなければなりません。雇用保険への加入の判断は、あくまで労働時間等によって判断され、試用期間等の従業員の身分によって、加入の判断がされるものではありません。

a0002_002273_m

法律が想定していない・・・? -3-

代表取締役が、別の会社の従業員として働く場合、雇用保険の2ヶ所勤務の規定を準用して、雇用保険に加入させる必要がないというのがハローワークの見解でした。ただ、2ヶ所勤務はあくまで2ヶ所で被保険者となる場合の規定であり、疑問も残ります。

a0001_011513_m

法律が想定していない・・・? -2-

法律が想定していない事例として、法人の代表取締役が、他の会社で働く場合を紹介しています。法人の代表取締役は、雇用保険の被保険者にはなれませんが、代表取締役が他の会社の勤務する場合は、雇用保険の加入条件を満たしていても、加入する必要はありません。

a0001_011463_m
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾