開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 所定労働時間

タグ : 所定労働時間

雇用契約書について -4-

休憩時間は、労働基準法により労働時間の長さによって与えるべき時間が決められています。休憩時間を決める場合には、時間外労働の有無によって時間を決めると良いかと言えます、また、休憩時間は、必要な時間を分割して与えることも可能です。

a0002_004890_m

正社員の定義とは・・・?

労働基準法では、正社員、パートタイマーといった名称で従業員を区分することはなく、全て労働者として取扱います。しかし、行政官庁や助成金等で、正社員やパートタイマー等に定義付けする場合は、通常は、労働時間の長さと雇用期間の定めの有無で判断されます。

a0001_011466_m

雇用契約書の重要性について -1-

雇用契約書は、労働トラブルを防止するために最も重要な事項です。正社員だけでなくパートタイマー、アルバイトであっても雇用する場合には、必ず雇用契約書を締結する必要があります。

a0008_001827_m

所定労働時間と法定労働時間の違いとは・・・?

法定労働時間は、労働基準法により従業員に労働させることができる上限時間で、所定労働時間は、労働契約等により各従業員が働くべき時間を言います。法定労働時間を超えて労働させるには、36協定の提出と割増賃金の支払いが必要となります。

dsp0014-044

年間休日を計算するには・・・?

年間休日の計算の方法は、1週間の労働時間が、法定労働時間を超えないようにする必要があります。変形労働時間制を導入することで、1日の所定労働時間を短くすることで、年間休日の日数を少なくすることができます。

a0006_002881_m

フレックスタイムのメリットとは・・・?

フレックスタイムは、出社・退社時間を従業員が自由に決めることができる制度です。フレックスタイムにより残業時間削減や従業員のモチベーションの向上等のメリットを期待することができます。フレックスタイムは、大手企業などで導入されています。

a0830_000395_m

有給休暇 時給のアルバイトにはいくら払えば良いの?

こんにちは 「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」 15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防 止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する 経営の安心・安定実現コンサルタント …

a0008_001849_m

1年単位の変形労働時間制 -2-

1年単位の変形労働時間制でたとえ1日の所定労働時間が何時間であっても年間の休日は、85日(閏年は86日)以上必要となってきます。就業規則の規定によって、1年単位の変形労働時間制の導入はできないこととなります。

a0002_011013_m

1年単位の変形労働時間制 -1-

1年単位の変形労働時間制は、1ヶ月超え1年以内の一定の期間を定め、その期間内の週の平均労働時間を法定労働時間内に収めようとするものです。その結果、特定の日又は特定の週において法定労働時間を超えて労働させることが可能となります。

a0006_002881_m

1ヶ月単位の変形労働時間制

1か月単位の変形労働時間制とは、1か月以内の期間を平均して1週間当たりの労働時間が40時間(従業員数が常時10人未満で飲食店等一定の業種は、44時間)以内となるように、労働日および労働日ごとの労働時間を設定することにより、労働時間が特定の日に法定労働時間である8時間を超えたり、特定の週に40時間(従業員数が常時10人未満で飲食店等一定の業種は、44時間)を超えたりすることが可能となる制度です。

a0002_002875_m
1 2 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾