開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 労働トラブル

タグ : 労働トラブル

正しい労務管理には就業規則は欠かせません-5-

就業規則を作成する場合、服務規定は、最も時間をかけて作成する必要があると言えます。些細なことまで記載に盛り込むことなく、労働者がモラルを持って労働してくれることが一番望ましいの姿と言えます。しかし、労働者の中には、事業主の考えとは違った方向を向く労働者が出てくる可能性は否定できません。そのような労働者に対応する時に、規定が有るか無いかによって、解決に至るまでの労力や時間が全く違ってくるのです。ですから、服務規程については、なるべく具体的にかつ可能な限り細かい部分まで規定することをお勧めします。

a0002_002241_m

長時間労働、大きな社会問題となっています・・・。

長時間労働の問題は、単に、「長時間労働=悪」といった単純な問題では片づかない、もっと複雑で根が深い問題と言えます。 ただ、1つ言えることは、長時間労働の問題は、決して労働者だけの問題では無いと言えます。働くのは労働者だからといって、労働者に任せていては、絶対に解決しないでしょう。むしろ、経営者が、リーダーシップをとって、会社全体の問題として取組んでいく必要があるでしょう。

a0002_002252_m

資金繰りが楽になるお手伝いをさせて下さい。

助成金活用の1つのコツは、経営者の方が、「この助成金、うちでも利用できるかな?」「助成金のチラシが送られてきたけど、ちょっと興味があるな」といった時に行動することなんです。当事務所でも助成金無料相談を行っておりますので、もし、このブログをお読みのあなた様が、「この助成金、当社に該当するように思えるんだけど・・・」「この助成金についてもう少し詳しく知りたいな」など助成金についての疑問点がありましたら、お気軽に無料相談をご利用下さい。

a0001_016644_m

労災保険における通勤とは?-6-

通勤の途中だけでなく業務において従業員の自家用車を業務に使用する場合には、十分な補償を付与するよう、会社が従業員の自家用車の自動車保険の加入に関与すべきです。ただし、その場合、保険料の負担割合等を定める車両規程の整備が必要となってきます。

a0001_010227_m

労災保険における通勤とは?-5-

通勤の途中で取引先等によるといった業務を行うと、通勤の途中であっても業務中となります。その間に万一、他人を事故で負傷等させてしまった場合には、会社にもその責任は及びます。従業員の保険の保障額が不十分であった場合には、会社の存続の危機になる場合もあり得ます。

a0830_000402_m

労災保険における通勤とは?-4-

通勤の途中で、合理的な経路上であっても、通勤とは関係ない行為を行った場合には、通勤の中断とみなされ、それ以降は、補償の対象とはならなくなります。また、退社前に会社内であっても飲食等の業務とは関係の無い行為を行った場合には、その時点で中断とみなされる場合があります。

a0001_006043_m

労災保険における通勤とは?-3-

労災保険では合理的な経路から外れた場合には、通勤の途中で事故等に遭い負傷等しても補償の対象とはならないのが原則が、あまりに厳格に適用すると日常生活に支障が出てしまう面があるため、通勤の途中に、日常生活において最低限必要な行為を行う場合には例外規定を設けています。そのため、一部例外規定を設けています。

a0035_000023_m

労災保険における通勤とは?-2-

労災保険では、通勤の途中で合理的な経路から外れた場合、それ以降に事故等で負傷等しても補償の対象とはしていません。合理的な経路から外れる行為を「逸脱」と呼び、逸脱後は、仮に合理的な経路に復したとしても補償の対象とはならないので注意が必要です。

a0006_001084_m

労災保険における通勤とは?-1-

通勤の途中での事故等により負傷等した場合には、労災保険から保険給付を受けることができます。しかし、労災保険では通勤に一定の制限を設けていて、補償の対象となるには、合理的な経路及び方法による通勤であることが必要となってきます。

a0002_006412_m

就業規則と休職制度について ③

休職から復帰する際には、病気、特にメンタル的な病の場合は、事業主の方にとっては、判断が難しいところがあります。ですから、このような場合を想定して就業規則に対処法を定めておく必要があります。しかし、労働者の病状等は、個人情報となってきますので、業務上必要ではありますが、事業主が、労働者に一定の指示・命令できる規定の存在が必要となってきます。

a0002_003636_m
1 2 3 19 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾