-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌  です。

 

現在の経済情勢 においては、いわゆるパートタイマー、アルバイトといった非正規従業員を雇用する場合も多々あるかと思います。

特に飲食店等の場合は、パートタイマー、アルバイトは大きな戦力と考えられます。

ところで、このパートタイマー等の雇用については注意しなければならない点がいくつかあります。

 

労働基準法で使われる言葉は、「労働者」です。

 

ヘッダー8

パートタイマー、アルバイト、と一般的に使われていますが、実は、このパートタイマー、アルバイトは労働基準法ではこのような言葉は出てきません。

では、どうのような言葉が使われているかと言うと「労働者」です。

労働基準法では、労働者という言葉しか出てこないのです。

つまり、労働基準法では、正社員もパートタイマー、アルバイトも区別なく同じ労働者として扱っているのです。

これはどういう意味かといいますと、労働基準法ではパートタイマー、アルバイトも法律上、正社員と同じ権利を有しているのです。

 

実は、これは非常に重要なことなので、是非憶えていただきたいと思います。

よく、こんな言葉を耳にします。「パートタイマーだから・・・」「アルバイトだから・・・」。

具体的には、「パートタイマーだから有休休暇なんてないよ」「アルバイトだから残業代はつかないよ」

実は、これは非常に危険な考えなんです。
 
 
<スポンサーリンク>



 

パートタイマーも正社員と同じ法律上の権利を有しています。

 

ヘッダー7

先程も言いましたように、労働基準法では、正社員もパートタイマー、アルバイトも区別なく労働者として扱っていて、同等の権利を有します。

つまり、パートタイマーも有給休暇の権利は、法律上当然有します。

アルバイトであっても、法律上当然、割増賃金を支払わなければなりません。

法律上当然、つまりどんなパートタイマー、アルバイトたとえ1週間に1時間の労働契約で雇用したパートタイマー、アルバイトであっても、有休休暇取得の権利は発生しますし、必要なら割増賃金を支払わなければならないのです。

有給休暇を取得させない、割増賃金を支払わないといった行為は、明らかな労働基準法違反となります。

従って労働者からの申告等があれば、労働基準監督署の指導、勧告の対象となり、大きなトラブルになってしまいます。

 

実際に、事業主の方の法律知識の欠如により、パートタイマー、アルバイトにおけるトラブルは急増しています。

インターネット等の普及により、労働者の法律知識に対する関心は大きな高まりを見せています。

従って、パートタイマー、アルバイト等の雇用でも大きな注意が必要と言えます。

逆に言えば、今日お話した事を知っているだけでも、パートタイマー、アルバイトにおけるトラブルの多くを防げることとなります。

パートタイマー、アルバイト等の雇用は長い経営において必ずと言って程、どの会社にも関係してくるかと思いますので、是非、正しくご理解いただければと思います。
 
 
IMG_3071-7

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理
に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568   (静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)休日:土日祝日
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)