【質問】
 
「大学生のアルバイト社員から、有給休暇を取得させて欲しい、と言われたんですが、アルバイト社員にも有給休暇を与える必要があるのですか?パートタイマーやアルバイトには、有給休暇は発生しない、と聞いていたのですが・・・。」
 

【回答】
 
「労働基準法で定められている有給休暇の権利は、全ての労働者にその取得の権利が発生します。ですから、たとえ、アルバイト社員であっても、有給休暇の取得の申出があったら、与える必要があります。」
 

【解説】
 
多くの方が、勘違いしているご質問ですが、そもそも、パートタイマーやアルバイトといった用語は、法律用語ではありません。

これは、従業員に区分を付けるために、便宜的に使われているに過ぎません。(そのため、パートタイマーとアルバイトの違い、というものは、明確になっていないのです。)

労働基準法の中には、「パートタイマー」や「アルバイト」といった言葉は、1つも出てきません。

もっと言えば、正社員という言葉も使われていません。

労働基準法で使われている言葉は、「労働者」という言葉だけです。
 
 
つまり、労働基準法では、正社員もパートタイマー、アルバイトも全て、同じ「労働者」として扱っているのです。

これは、どういうことかと言いますと、労働基準法で与えられている権利は、パートタイマー、アルバイトも正社員と同じように与えられているということです。

ご存知のように、入社6ヶ月が経過した時点で、一定の条件を満たした場合には、有給休暇が発生します。
 
<スポンサーリンク>






 
全ての労働者に有給休暇は権利として発生します
 

ですから、パートタイマー、アルバイトであっても、入社6ヶ月を経過した時点で、当然に有給休暇を取得する権利が発生します。

これは、法律が、定めている権利ですので、もし、アルバイトが有給休暇の取得を申出て、事業主がそれを拒否したら、労働基準法違反となってしまいます。

ご質問に対する回答から少し離れますが、労働基準法に定められた権利は、パートタイマーやアルバイトといった正社員以外にも、正社員と同じように付与されることを、今一度ご理解下さい。

ですから、今回のご質問のように、アルバイト社員でも、有給休暇は発生しますし、アルバイト社員でも、割増賃金の支払いが必要となってきます。

アルバイトだから、いつでも解雇できるわけではありませんので、ご注意下さい。
 
<スポンサーリンク>






 
労働時間等が短い場合には比例付与によります
 

ところで、有給休暇の付与日数ですが、通常は、入社後6ヶ月経過した時点で、10日間付与されます。

そして、1年経過毎に、11日、12日、14日・・・と付与されていきます。

しかし、パートタイマーやアルバイトといった、労働時間や労働日数が少ない労働者に関しては、「比例付与」と言って、通常より少ない付与日数が定められています。

比例付与の対象となるのは、

①1週間の労働時間が、30時間未満でかつ、②1週間の労働日数が4日以下(又は、年間の労働日数が216日以下)の労働者となります。

①と②の両方を満たしている場合には、有給休暇の付与日数は、比例付与に応じた日数を与えれば良いこととなります。
 
 
ただし、逆に言えば、①と②両方満たしていない場合には、通常の付与日数を与える必要があります。

ですから、たとえ、1日1時間しか働かないアルバイトであっても、1週間の労働日数が、5日の場合は、比例付与の対象とはならないこととなります。

つまり、付与日数は、正社員と同じ日数を与え必要があるということです。

なお、有給休暇の付与日数は、以下をご参照下さい。
 
 
有給休暇付与日数

付与すべき有給休暇日数表(比例付与以外の場合)

雇入れ日から起算した継続期間

付与される有給休暇日数

6ヶ月

10日

1年6ヶ月

11日

2年6ヶ月

12日

3年6ヶ月

14日

4年6ヶ月

16日

5年6ヶ月

18日

6年6ヶ月以上

20日

 
◆比例付与の場合

※週所定労働時間数が30時間未満でかつ次の①又は②に該当する者は、比例付与の対象となり下記の比例付与される有給休暇日数表により付与されます。

① 週所定労働日数が4日以下の者
② 週以外の期間で所定労働日数が定められている場合には、年間所定労働日数が216日以下の者

比例付与される有給休暇日数表

週所定労働日数

1年間の所定労働日数

雇入れ日から起算した継続勤務期間

6ヶ月

1年

6ヶ月

2年

6ヶ月

3年

6ヶ月

4年

6ヶ月

5年

6ヶ月

6年

6ヶ月以上

4日

169日~216日

7日

8日

9日

10日

12日

13日

15日

3日

121日~168日

5日

6日

6日

8日

9日

10日

11日

2日

73日~120日

3日

4日

4日

5日

6日

6日

7日

1日

48日~72日

1日

2日

2日

2日

3日

3日

3日

 
 
例えば、週の労働時間が25時間で週3日勤務する労働者を雇用した場合には、雇入れ日から6ヶ月経過した時点で、5日の年次有給休暇を付与する必要があります。(全労働日の8割以上出勤の場合)

それに対して、1日の労働時間が4時間で1週間5日勤務する労働者は、比例付与に該当しないため(週の労働日数が4日以下ではないため)、雇入れ日から6ヶ月経過した時点で、10日の年次有給休暇を付与する必要があります。(全労働日の8割以上出勤の場合)
 

 
社会保険労務士 松本 容昌
 
<スポンサーリンク>






 

1日3分!読むだけで身につく労務管理知識 : 無料メールセミナー「労務365日」

 

 
毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく
 
難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
 
登録はこちらをクリック
↓↓↓

 
 

無料相談実施中!

 

 
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568
(静岡)053-474-8562
 
対応時間:9:00~18:00(月~金) 休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)