開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 退職金制度

退職金制度

退職金制度について -4-

退職金制度の大きなリスクは、積立不足にあり、それを解消することが必須となります。しかし、積立不足の問題を解決するのには、まず現状を認識することが先決となります。実は、この現状認識こそが退職金問題を解決する最も重要なポイントと言えます。

退職金制度について -3-

退職金制度は、定年等による退職時だけでなく、従業員が死亡して場合における死亡退職金も考慮する必要があります。また、退職金リスクは、企業規模に関係なく存在します。

退職金制度について -2-

退職金制度の導入を検討する場合、退職金規程と積立方法とをトータル的に考える必要があります。退職金規程、積立方法を個別に考えてしまうと、結果的に多額の積立不足が生じてしまう恐れがあります。

退職金制度について -1-

退職金制度は、本来、企業に課せられた義務ではありませんが、一度、退職金制度を導入すると、通常の賃金同様、支払いの義務が生じてしまいます。そのため、退職金制度を導入するということは、会社として大きなリスクを抱えることとなるため、退職金制度の導入は、慎重に検討する必要があります。

「そろそろ退職金制度が必要かな?」と思った時に・・・。

安易に退職金制度を導入することは非常に危険なことです。ですから、退職金制度を導入する際には、積立方法や退職金の支給額、退職金規程の内容等慎重に検討する必要があります。

懲戒解雇した労働者の退職金は・・・? -3-

退職金の持つ性質を「長年の勤続や在職中の企業への貢献等に対する報償」と考えた場合に、退職金を不支給にできる可能性が出てきます。しかし、退職金を不支給にするには、懲戒事由が、あくまでその従業員の勤務実績や会社への貢献度を打ち消す場合に限られると考えられています。 ほどの場合に限られるわけです。

懲戒解雇した労働者の退職金は・・・? -2-

懲戒解雇された従業員に対する退職金の取扱いは、退職金が持つ性質が重要なポイントなってきます。退職金の性質を「賃金の後払い」や「老後の生活保障」とすると、懲戒解雇であっても、退職金を不支給にするということは出来なくなってしまいます。

懲戒解雇した労働者の退職金は・・・? -1-

懲戒解雇された労働者の退職金支給・不支給は、単純に懲戒解雇イコール退職金不支給にはなりません。懲戒解雇時の退職金の支給・不支給の問題を考える場合には、退職金の持つ性質が重要なポイントとなってきます。

退職金制度と中退共との関係について -2-

退職金原資のために各積立方法は、それぞれメリットとデメリットがあるので、どの積立方法を選択するかは、客観的に判断することが重要です。

退職金制度と中退共との関係について -1-

退職金制度を導入する場合、積立方法が重要な問題となってきます。退職金の積立として最も広く利用されている制度に中退共(中小企業退職金共済制度)があります。ただ、中退共には、従業員を懲戒解雇した場合でも、退職金が従業員本人に支払われてしまうという問題点を含んでいます。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾