開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 経営

経営

月並みですが、本当に「継続は力なり」です 

売上を伸ばすためには、戦略や戦術が必要で、そのノウハウを学ぶことは非常に重要です。しかし、学んだノウハウを生かすには、創意工夫が必要です。その前提には、継続があります。つまり、継続性は、経営において非常に重要な要因なのです。

経営は、「必然」であるべきです

外的要因で売上が下がる場合には、必然的に下がります。しかし、逆に、売上を増やそう考えた場合には、偶然に頼ってしまう場合がほとんどです。しかし、これでは運に頼って経営をしていると同じことと言えるので、売上を増やす場合において必然的に売上を増やすことを意識する必要があると言えます。

口コミの効果について

口コミは、売上を増やすために有効な手段ではありますが、口コミをしてもらうには、口コミしてくれる顧客の存在が必要です。顧客が一定以上いなければ、口コミ効果は、限定的なものとなってしまいます。ですから、まずは顧客の絶対数を増やすことが最優先となります。

「見込み顧客」の重要性について

安定的に売上を増やすには、見込み顧客を獲得することを考えることが非常に重要となってきます。見込み顧客を集めるポイントは、見込み顧客を集めることに徹することです。

「戦略」と「戦術」について

売上を伸ばすためには、「戦略」と「戦術」を考えることが重要です。「戦略」は、売上を伸ばすために何をすべきか、という大まかな方向性を決めることで、「戦術」は、それを実現するための細部の検討と言えます。重要なことは、まず「戦略」を立てて、「戦術」を検討することです。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾