開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 有給休暇

有給休暇

パートタイマー等の有給休暇の付与日数等について

パートタイマー等の有給休暇について、誤った認識を持たれている経営者の方が、かなりの数いるよう思われます。有給休暇に関してのトラブルを防止する上でも、今回ご紹介する法律の考え方は、非常に重要なポイントとなってきます。

有給休暇の計算方法とは?

労務管理の専門家である社会保険労務士が、有給休暇の計算方法についてわかりやすく解説してあります。労働者にとって有給休暇は重要な労働条件の1つです。そのため有給休暇に関するトラブルも増加しています。そのため、有給休暇を正しく理解することは、経営者にとって重要な課題と言えます。

退職した従業員から有給休暇の買取りを請求されたのですが・・・。

有給休暇は、労働日に取得することが前提となるので、退職した従業員には、今後、労働日は存在しないため、有給休暇を取得できる余地はないこととなります。有給休暇の権利を行使することは、従業員の任意となります。

有給休暇と労働基準法との関係について

有給休暇と労働基準法との関係について解説してあります。有給休暇の申請時期や事後申請を認める必要はないなど、正しい知識を有することが有給休暇の問題に取組む上では重要となってきます。

有給休暇を悩みの種にしないためには・・・-2-

社会保険料の削減の方法の1つとして、退職金の活用が紹介される場合がありますが、退職金は、不確定な要素が多く、手間もかかってしまって、かえって削減分以上に経費がかかってしまう可能性が非常に高いと言えます。また、将来の年金も減額してしまうなど問題多いのが実情です。

有給休暇を悩みの種にしないためには・・・-1-

有給休暇は、労働基準法で定められた労働者の権利であり、正社員だけでなくパートタイマーやアルバイトなどすべての労働者に適用されます。そのため、経営者は、有給休暇に対してどのように取組んでいくかを真剣に考えることが非常に重要となってきます。

退職時の有給休暇、実は・・・、買取った方が得の場合もあります。

有給休暇の買取は法律で禁止されていますが、退職時に限って有給休暇を買取って、差し支えないとされています。買取請求に応じる必要はないのですが、社会保険料等の負担を考えた場合には、退職時には、有給休暇を買取った方が会社にメリットがある場合の方が多いです。

有給休暇の買取りを請求されたのですが・・・。

有給休暇の買取りについては、買取りを認めてしまうと、有給休暇の本来の目的を阻害する恐れがあるため、法律で禁止されています。そのため、従業員から有給休暇の買取請求があっても、応じる必要はありません。

有給休暇 時給のアルバイトにはいくら払えば良いの?

有給休暇の賃金の支払い方法は、3パターンあります。   こんにちは 「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」 15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現すること …

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾