IMG_3071-7

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防
止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント 松本容昌  です。

 

有給休暇は、事業主の方、特に中小企業の事業主の方にとって大きな問題と言えます。

今回は、有給休暇に対してどう向き合っていくべきを考えたいと思います。

 

 

有給休暇は、全ての労働者に与えられた権利です。

 

a0001_011459_m

まず最初に認識していただきたいのですが、

有給休暇は、

労働基準法で定められた、労働者に与えられた権利なのです。

 

実は、ここは非常に重要なポイントなのですが、一定の要件さえ満たせば
パートタイマー、アルバイト等を含めたすべての労働者が、有給休暇の

権利を行使できるのです。

 

ですから、

「パートタイマーやアルバイトには、有給休暇なんて無い」

と信じている事業主の方もいますが、それは明らかに誤った認識となります。
 
 
<スポンサーリンク>



 

しかし、中小企業にとっては大きな負担となっていることも現実です。

 

a0001_011490_m

しかし、現実問題として、中小企業の事業主の方にとって、

ギリギリの人員、経費で事業を営んでいるのが実情ではないでしょうか?

 

私もこれまで、

「うちみたいな零細企業で有給休暇まで取られたらとてもやっていけない」

「あんな働きが悪い社員に有給休暇なんて」

といった事業主の方々の声を聞いてきました。

 

個人的には事業主の方の気持ちもわからないではないところもありますが、しかし、
純然たる法律で定められているのも事実です。

 

しかも、有給休暇は、従業員数1万人を超える大企業に勤務する従業員も、
従業員数1人の会社の従業員も、全く同じ日数の有給休暇の権利が、

与えられます。

 

従って、いくら

「うちみたいな零細企業では・・・」

と事業主の方がいくら言っても仕方がない事なのです。

 

 

ですから、よく事業主の方から

「従業員に、有給休暇を取らせない何かいい方法はありませんか?」

と言われるのですが、私は、はっきりと

「ありません」

と答えます。

 

しかし、先程も言いましたように、現実問題として中小企業にと っては、有給休暇は
大きな負担となっているのも事実です。

 

では、実際に事業主の方は有給休暇についてどのように取り組んでいくのが
良いのでしょうか?

 

最も簡単で100%正論の答えは、従業員が自由に有給休暇を取得できる位の
人員を確保し、それでも企業として経営が成り立ち、利益を上げていく事が

できる企業になることです。

 

もちろん、最終的にはこのような状態を目指すべきでしょうが、

多くの事業主に方のっては、

「そんなの、何の解決策にもならない」

と言われてしまうでしょう(苦笑)

 

これは非常に難しい問題です。

私もこれまでもいろいろと考えてみたのですが、有給休暇は労働者に与えられた
法律的な権利であるという事が大前提になっているため、なかなか良い解決策が

無いのが現状です。

 

ただ、私も労務管理のプロですので、私なりの経験等に基づいて現時点では
最もベストと思われるアドバイスをしています。

ただ、机上の空論である感は、ぬぐえませんが、次回、参考までにお話したい
と思います。

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

 

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理
に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568   (静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)休日:土日祝日