雇用契約書について 

労働基準法では、賃金や労働時間等の重要な労働条件については書面で従業員に通知することを義務付けています。また、書面での労働条件の未通知が、労働トラブルの最も大きな原因となっています。ですから、労働トラブル防止の観点からも、書面による労働条件の通知が非常に重要となってきます。

続きを読む →

【限定記事】労災事故が発生した時に慌てないための7つのポイント2 ~休業補償給付編~

労災事故により休業中の被災労働者は、無収入の状態となります。そして、休業補償給付の請求は、通常は会社が行います。ですから、労働者は、会社が休業補償給付の請求に手間取ってしまうと、非常な不安に陥ってしまいます。
ですから、休業補償給付の手続きをスムーズに行うことは、経営者や総務担当者にとっては重要な業務かと思います。

続きを読む →

36協定の提出は重要です!

従業員に法定労働時間を超えてまたは休日に労働させる場合には、労働基準監督署へ36協定の提出が必要です。36協定は、協定を締結しただけでは効力がなく、労働基準監督署へ提出して初めて有効となります。36協定の有効期間は、1年が望ましいとされているので、毎年提出する必要があります。

続きを読む →

【限定記事】労災事故が発生した時に慌てないための7つのポイント2 ~休業補償給付編~

こんにちは 「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」 15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、 労働トラブルを防止し 労務管理適正化を実現することで 会社の更なる発展に貢献する 経営の安心・安定実現コンサルタ…

続きを読む →