開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 事業経営

タグ : 事業経営

時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?-1-

事業経営において根幹にある最も重要なことは、法令遵守、コンプライアンスであります。どんなに、売上を伸ばしても、法令遵守できないと、結局は顧客の信用を失ってしまう結果となってしまいます。

a0001_011470_m

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -7-

扶養の範囲内で働きたいために、年末近くなると労働時間や労働日数を調整する風潮があります。しかし、労働時間や労働日数は、労働契約に則って労働するのが本来であり、労働時間の調整によって業務に支障が出てしまうのは、本末転倒とも言えるのはないでしょうか?

wmn0123-001

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -6-

「扶養の範囲内」という言葉を労働者だけでなく、事業主も曖昧に使っているため、結果として事業経営に支障をきたしている場合もあります。

wmn0110-001

就業規則による労働トラブル解決事例集

就業規則は、労働トラブルを防止する面の他に、起きてしまった労働トラブルの解決にも大きな役割を果たします。実際に、就業規則により解決できる労働トラブル事例をまとめてみました。

a0002_002278_m

労災保険3つの誤解 -2-

労災事故により労働基準監督署の調査に対して必要以上な恐怖心を持つことが労災隠しへ繋がる原因の1つと言えます。日頃から正しい労務管理を行っていえば、監督署の調査に対して恐れる必要がなく、安全管理の確認機会と良い方向へ捉えることが大切です。

a0008_001827_m

示談交渉の意外な事実・・・-1-

示談交渉は、本来、弁護士と司法書士の業務であり、自動車保険と一部の個人賠償責任保険以外の保険商品には、示談交渉サービスが付いていません。特に、注意する必要があるのは、請負賠償責任保険等の自動車事故以外の業務中の事故等を補償する保険です。

a0002_002253_m

適正な労務管理へ!まずはここを押さえたい!-1-

解雇予告手当や予告期間はあくまで手続き上の事で、それと解雇の正当性、妥当性とは全くの別の次元の話です。従業員に解雇予告手当を法律通りに支払って解雇したとしても、従業員から「不当解雇である」と訴えを起こされる事があり、結果的に、解雇の正当性、妥当性が認められなければ、不当解雇とされてしまします。

a0002_002278_m

適正な労務管理の重要性を今一度考えてみる -2-

労務管理には、税制のように毎年申告をして、何年か一度に税務署の調査があるというような、経営者の方に法律知識の必要性を強制的に感じさせる制度が無いため,労務管理に対して意識が希薄となって感は否めないと言えます。ですから、税務署の調査のように、労務管理においても何年かに一度、労務管理の実態について調査を受けることが一般化してくれば、もっと労務管理に対しての意識が高まってくるのではないかと思います。

a0002_002273_m
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾