休憩時間については、労働基準法でいくつか制限があります。

特に労働時間との関係については、正しく理解することが重要です。

本ブログでは、休憩時間と労働時間との関係についてわかりやすく解説していきたいと思います。
 

労働時間が8時間で場合の休憩時間は、45分間となります


労働基準法では、労働時間の長さによって休憩時間の有無及び長さが決められています。

具体的には、まず、労働時間が6時間の以下の場合には、休憩時間を与える必要はありません。

そして、労働時間が6時間を超え8時間以下の場合には、少なくとも45分間、労働時間が8時間を超える場合には、少なくとも1時間の休憩時間を与える必要があります。
 
 
ところで、休憩時間と労働時間との関係で1つ注意すべき点があります。

休憩時間は、必ず労働時間の途中 に与えなければなりません。

つまり、例えば、従業員に8時間労働させた後に、45分間の休憩時間を与えても、それでは、労働基準法違反となってしまうのです。
 
 
今、お話ししてきた規定を基に休憩時間の長さについてもう少し詳しくお話したいと思います。

先程、お話しましたように、労働時間が6時間を超え8時間以下の場合には、休憩時間は45分間必要となります。

ですから、法定労働時間である8時間の労働時間の場合、休憩時間は、本来は45分間で足ります。
 
 
しかし、この労働時間は、労働契約した時間ではなく、実際に働いた時間を言います。

ですから、労働契約で定められた時間が8時間であっても、極端な話し、1分間でも時間外労働をさせた場合には、労働時間が8時間を超えるため、1時間の休憩時間が必要となります。

つまり、さらに15分間の休憩を与える必要が出てきます。
 
<スポンサーリンク>






 

休憩時間は、労働時間の途中に与える必要があります


ところで、先程、お話しましたように、休憩時間は、労働時間の途中に与える必要があります。

ですから、労働時間が8時間で、休憩時間を45分とした場合において、時間外労働をさせる時には、15分間の休憩をさせた後に、時間外労働をさせなければならなくなります。

これは事業主にとって時間管理が非常に繁雑となると同時に、従業員にとっては拘束時間が長くなってしまいます。
 
 
ところで、労働時間が8時間を超える場合には、休憩時間が、少なくとも1時間以上必要となりますが、これは、逆な見方をすれば、労働時間が何時間に及んでも、休憩時間を1時間与えれば、労働基準法違反とならないこととなります。

つまり、労働契約の労働時間が何時間でもあっても、最初から休憩時間を1時間と設定しておけば、労働基準法に反することはなくなります。
 
 
もちろん、必ず最初から1時間の休憩時間を設定する必要はありませんし、労働時間が2、3時間程度の場合には、休憩時間を設定する必要もないのですが、正社員はもちろんパートタイマーやアルバイトでも、労働時間がある程度に及ぶ場合には、休憩時間を最初から1時間と設定しておくことをお勧めします。

なお、休憩時間は、必ずしも必要な時間を一度にまとめて与える必要はなく、労働時間中であれば分割して与えても法的には全く問題ありません。
 

 
社会保険労務士 松本 容昌
 
<スポンサーリンク>






 

1日3分!読むだけで身につく労務管理知識 : 無料メールセミナー「労務365日」

 

 
毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく
 
難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
 
登録はこちらをクリック
↓↓↓
03
 
 

無料相談実施中!

 

 
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568
(静岡)053-474-8562
 
対応時間:9:00~18:00(月~金) 休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)