【質問】
 
「育児休業給付金を受給している従業員がいます。育児休業給付金は、子供が一歳になるまでと支給される、とのことですが、それを延長できる制度があると聞きました。育児休業給金は、どのような場合に延長できるのでしょうか?」
 

【回答】
 
「育児休業給付金は、保育園に空きが無い等の理由で、最大で1年間延長できる場合があります。」
 

【解説】
 
育児休業給付金の支給期間の原則は、子が1歳に達するまでとされています。

しかし、場合によっては2歳まで延長することができます。

支給期間の延長で最も利用されているのが、保育所に空きが無い場合でしょう。
 
 
ところで、保育所に空きが無い場合で、育児休業給付の延長をする際に注意すべき点があります。

まず、育児休業給付金の期間延長の要件の保育所は、認可保育所に限られます。

つまり、無認可の保育所に空きがないからといっても、育児休業給付金の支給を延長することは出来ないのです。
 
 
ところで、育児休業給付金の延長を申請するには、保育所に空きが無いことが必要となるわけですから、保育所に空きが無いことを証明する必要があります。

ご存知の方も多いかと思いますが、認可保育所に入る場合には、市町村を通じて申込する必要があります。

ですから、お子さんが1歳に達する時に、保育所に空きが無い場合には、市町村から空きが無いことの証明を発行してくれます。
 
<スポンサーリンク>






 
ただし、ここで1つ注意しておくことがあります。

実際に私も経験したのですが、育児休業給付金の延長を申請できるのは、あくまで子が1歳に達する時点で保育所に空きが無いことが必要になってきます。

つまり、1歳に達する時点で保育所に入れない証明が必要となってきます。
 
 
例えば、保育所への申込が何らかの理由で遅くなってしまい、子が1歳に達した日以後になってしまうことも可能性としてはあります。

このような場合には、当然、1歳に達した時点で保育所に入れない証明は出ません。

育児休業給給付金は、先程も書きましたように、1歳に達する時点で保育所に空きが無いことが条件ですので、1歳2ヶ月で保育園に入れない証明があっても、それ以降、給付金が支給されることはないのです。

つまり、1歳に達する時点で保育所に入れない証明がなれば、一切延長は、出来なくなってしまうのです。

ご参考になさって下さい。
 

 
社会保険労務士 松本 容昌
 
<スポンサーリンク>






 

1日3分!読むだけで身につく労務管理知識 : 無料メールセミナー「労務365日」

 

 
毎日わずか3分で1年後、専門家レベルの幅広い知識が身につく
 
難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
 
登録はこちらをクリック
↓↓↓

 
 

無料相談実施中!

 

 
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568
(静岡)053-474-8562
 
対応時間:9:00~18:00(月~金) 休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)