開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 労働時間

労働時間

休憩時間と労働時間との関係について

休憩時間は、労働基準法により労働時間の長さによって与える休憩時間の長さが規定されています。また、休憩時間は、労働時間の途中で与える必要があります。ただし、休憩時間は、労働時間の途中であれば、分割して与えても法律的に問題ありません。

a0002_004890_m

所定労働時間と法定労働時間の違いとは・・・?

法定労働時間は、労働基準法により従業員に労働させることができる上限時間で、所定労働時間は、労働契約等により各従業員が働くべき時間を言います。法定労働時間を超えて労働させるには、36協定の提出と割増賃金の支払いが必要となります。

dsp0014-044

残業時間を減らすには -5-

残業を減らす方法を考える場合に、最も重要なことは、残業の問題は、従業員の問題ではなく、経営者の問題であることを認識することです。労働者任せにするのではなく、経営者が、リーダーシップを取って、残業を減らす方法に取組むことが重要な課題となります。

a0002_003636_m

残業時間を減らすには? -4-

従業員が残業を行う場合、上司との関係による場合もあります。そのような場合には、上司が何故、残業をするのかを確認することが重要です。そのような場合、会社の風土として根付いている場合もあるので、会社全体で残業時間削減に取り組む必要があります。

a0002_005878_m

残業時間を減らすには? -3-

ダラダラ残業のような無駄な残業を減らす方法の1つとして残業代の申告制があります。これによって無駄な残業を減らす効果が期待でします。ただ、そのためには経営者が、労働者の業務をある程度、把握しておく必要があります。

a0002_001422_m

残業時間を減らすには -2-

労働者が残業を行う場合には、労働者自身の意思で行う場合もあります。問題となるのは、この意思がどのようなものであるかをまず見極める必要があります。それによってダラダラ残業のような単なる無駄な残業かどうかがわかります。労働者がどうような意思で残業を行っているかを把握した上で、残業を減らす方法を検討する必要があります。

a0001_016644_m

残業時間を減らすには-1-

残業を減らす方法を考える場合に、まず残業の本質を考えることが重要です。業務上、必要がある残業の場合、残業を減らす方法を考えるより、業務そのものの効率化を考えることが重要となってきます。無理に残業を減らそうとするとかえって業務にそのものに支障が生じてしまう可能性があります。

a0002_003660_m
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾