開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 社会保険労務士

タグ : 社会保険労務士

就業規則の周知と労働契約との関係

就業規則の基準に満たない労働契約は、無効となるので、従業員を雇用する際には、その点を考慮する必要があります。また、就業規則は、周知して初めて効力を有するので、就業規則は、必ず周知することが重要です。

時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?-2-

法令を遵守しても利益を出せるような会社を目指すことが経営者の本来の姿であると言えます。しかし、いきなり100%を目指すのでなく、出来るところから少しずつでも改善していこうという姿勢が経営者にとって大切であると言えます。

時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?-1-

事業経営において根幹にある最も重要なことは、法令遵守、コンプライアンスであります。どんなに、売上を伸ばしても、法令遵守できないと、結局は顧客の信用を失ってしまう結果となってしまいます。

パートタイマー就業規則は、必ず作成する必要があるのでしょうか・・・?

パートタイマー就業規則は、正社員とパートタイマーとで賞与や退職金、慶弔休暇等の待遇や福利厚生面で差を付けたい場合には、作成する必要があります。パートタイマー就業規則を作成する前提として、パートタイマーの定義を明確にする必要があります。

雇用契約書について -4-

休憩時間は、労働基準法により労働時間の長さによって与えるべき時間が決められています。休憩時間を決める場合には、時間外労働の有無によって時間を決めると良いかと言えます、また、休憩時間は、必要な時間を分割して与えることも可能です。

雇用契約書について -3-

雇用契約書を締結する際には、雇用契約書の内容を正しく理解し、法的に合致した内容にする必要があります。労働時間に関しては、法定労働時間を超えての契約は、労働基準法違反となります。また、休日は、最低でも1週間に1日又は4週間に4日以上与える必要があります。

雇用契約書について -2-

労働基準法では、労働条件を書面で通知すれば足りますが、労働トラブル防止の観点から考えれば、署名・捺印が必要となる雇用契約書の形の方が望ましいと言えます、また、雇用時には直接面談をすることが大切です。

雇用契約書について -1-

労働基準法では、賃金や労働時間等の重要な労働条件については書面で従業員に通知することを義務付けています。また、書面での労働条件の未通知が、労働トラブルの最も大きな原因となっています。ですから、労働トラブル防止の観点からも、書面による労働条件の通知が非常に重要となってきます。

経営安定のために労働トラブル防止の対策を! -2-

労働トラブルは、起きてしまったトラブルを解決するより、労働トラブル自体を起こさないようにする方が、はるかに労力が少なくて済みます。ですから、日頃からいかにして労働トラブルを起こさせないかを意識することが重要です。また、万一、労働トラブルが起こった場合に備えて、明確に反論できる根拠の作成も重要なポイントとなります。

解雇トラブルに巻き込まれないための2つの視点

解雇トラブルに巻き込まれないためには、2つの視点からの知識を正しく理解することが重要です。解雇トラブルに巻き込まれないためには、解雇トラブル自体を起こさないという視点を持ち、さらに、万一、解雇トラブルが起こってしまった場合に備えて、解雇の正当性、妥当性を高める、という視点を持つことが重要です。

« 1 2 3 4 19 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾