開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 労働基準監督署

タグ : 労働基準監督署

就業規則の絶対的記載事項とは?

就業規則を作成する場合、必ず記載しなければならない絶対的記載事項と定めがある場合に記載しなければならない相対的記載事項があります。就業規則を作成する場合には、まず絶対的記載事項と相対的記載事項について正しく理解することが重要です。

a0008_001796_m

就業規則と意見書の関係

労働基準監督署に就業規則を届出る場合には、従業員代表の意見を記した意見書を添付する必要があります。また、従業員代表は、投票等の民主的な方法で選出される必要があります。

a0008_001796_m

雇用契約書について -4-

休憩時間は、労働基準法により労働時間の長さによって与えるべき時間が決められています。休憩時間を決める場合には、時間外労働の有無によって時間を決めると良いかと言えます、また、休憩時間は、必要な時間を分割して与えることも可能です。

a0002_004890_m

雇用契約書について -1-

労働基準法では、賃金や労働時間等の重要な労働条件については書面で従業員に通知することを義務付けています。また、書面での労働条件の未通知が、労働トラブルの最も大きな原因となっています。ですから、労働トラブル防止の観点からも、書面による労働条件の通知が非常に重要となってきます。

a0002_001422_m

突然!労働基準監督署が来ても慌てないための8つの備え

労働基準監督署の調査が、突然行われても慌てないために、日頃から適正な労務管理を心掛ける必要があります。適正な労務管理を行うために、まず行うべき最も重要な8つのポイントについて解説してあります。

a0008_001832_m
a0002_001422_m

労災事故が発生した時に慌てないための7つのポイント

労災事故が発生してしまった場合における初動の手続きの流れを解説してあります。労災事故後の手続きの流れを理解しておくことで、負傷とした従業員にも安心化を与え、スムーズな対応をできるようになります。

a0002_001100_m

労働基準法と就業規則との関係 -2-

就業規則の作成義務は事業場単位で判断されます。労働者を、常時10人以上雇用している事業場には、就業規則の作成義務が生じます。しかし、労働者の数が10人未満であっても、労働トラブル防止や秩序ある職場環境の維持を考えれば、就業規則を作成することをお勧めします。

a0002_009476_m

65歳超雇用推進助成金 注目の助成金が新設されました

平成28年10月19日より、65歳超雇用推進助成金が創設されました。この助成金は、いくつか条件がありますが、条件を満たしている企業は、新たな雇用や設備等の購入も必要とせずに、助成金を受給することが可能ですので、注目の助成金と言えます。

a0002_002254_m

36協定の提出は重要です! -2-

36協定を締結しても、時間外労働時間には上限時間が定めらています。しかし、36協定に特別条項を付帯することにより、時間外労働時間の上限時間を超えて労働させることが出来るようになります。ただし、特別条項を付帯しても月の時間外労働時間の上限時間を超えることができるのは、年に6回までとなります。

a0830_000395_m
1 2 3 4 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾