開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 自動車保険

タグ : 自動車保険

意外と知らない!助成金の原資とは?

本ブログでは、助成金の原資についてお話したいと思います。 助成金の魅力は、返済不要で使用目的も問われないところにあります。     しかし、多くの方々が、助成金の事を知ると「そんなにうまい話があるの? …

Q108 労災保険料は下がらないのですか・・・?

【質問】 「当社は、開業して20年以上経つ、従業員15名前後の小企業です。開業当初から、従業員を雇用したので、その時以来、労災保険に加入しています。最近は、毎年6月に労災保険料を納付しているのですが、当社では、これまで一 …

Q100 通勤中の事故が、業務中の事故になる場合があるのですか・・・?

【質問】   「先日、同業者から、通勤中の事故でも業務中の事故とみなされ、会社に責任が及ぶ場合があると聞きました。通勤は、業務ではないので、通勤中の事故は、会社には責任が及ばないように思います。具体的にはどのよ …

Q55 自家用車の業務使用についての注意点について教えて下さい・・・。

【質問】   「当社では、社有車に限りがあり、業務で従業員の自家用車を使用する場合があります。先日、保険代理店の方から、自家用車の業務使用は、非常にリスクが高いので、車両規程を整備した方が良い、とアドバイスされ …

Q11 労災保険を使うと翌年の保険料が上がってしまうと聞いたのですが・・・?

【質問】   「先日、労災事故が発生してしまい、従業員が大怪我をしてしまいました。労災保険で処理をしたのですが、先日、同業者の方から『労災保険を使うと、翌年の保険料が上がりますよ。』と言われたのですが、本当でし …

労災保険における通勤とは?

通勤の途中での事故等により負傷等した場合には、労災保険から保険給付を受けることができます。しかし、労災保険では通勤に一定の制限を設けていて、補償の対象となるには、合理的な経路及び方法による通勤であることが必要となってきます。

労災保険料は下がらないのですか・・・?

労災保険料は、メリット制が適用とならない事業場においては、労災保険からの給付を受けても、翌年の労災保険料が上がることはありません。労災保険料について誤解されている経営者が多く、その誤解が、労災隠しに繋がっている面は否定できないので、正しく理解することが重要です。

示談交渉の意外な事実・・・

示談交渉は、本来、弁護士と司法書士の業務であり、自動車保険と一部の個人賠償責任保険以外の保険商品には、示談交渉サービスが付いていません。特に、注意する必要があるのは、請負賠償責任保険等の自動車事故以外の業務中の事故等を補償する保険です。

リスク対策に、「自家保険」も検討することは重要です

リスク対策として、リスクが起こった場合に対する方策を講じておくことも重要ですが、リスクそのものを起こさない、という広義の意味での自家保険も重要なポイントと言えます。そのためには、まずリスク自体を認識する必要があります。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾