開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 法令遵守

タグ : 法令遵守

時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?-2-

法令を遵守しても利益を出せるような会社を目指すことが経営者の本来の姿であると言えます。しかし、いきなり100%を目指すのでなく、出来るところから少しずつでも改善していこうという姿勢が経営者にとって大切であると言えます。

a0002_003051_m

時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?-1-

事業経営において根幹にある最も重要なことは、法令遵守、コンプライアンスであります。どんなに、売上を伸ばしても、法令遵守できないと、結局は顧客の信用を失ってしまう結果となってしまいます。

a0001_011470_m

適正な労務管理は従業員に安心を与える

法令順守を心掛け、適正な労務管理を行うことは、労働トラブルを防ぎ、従業員が安心して働くことができる職場環境の形成に繋がります。労務管理の適正化を目指すには、いきなり100%を目指さずに、できる所から少しづつ改善を積重ねていくことが大切です。

a0003_001885_m

賃金と時効との関係について -2-

未払い賃金等があり労働基準監督署から指摘を受けた場合には、賃金請求権の時効である2年間が本来の遡及期間となります。しかし、実際には、3ヶ月間の遡及期間で済む場合が多いようです。しかし、これは未払い賃金があっても、3ヶ月間溯って支払えば済む、ということではなく、たまたま3ヶ月間で済んだ、と考える必要があります。

a0008_001855_m

雇用保険への加入と試用期間との関係について

雇用保険への加入は、あくまで雇用期間と労働時間とで判断され、パートタイマーやアルバイト、試用期間中といった従業員の身分で判断されるものではありません。雇用保険への実際の加入日より遅らせることは、失業等給付を受給できないといった大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

a0008_001860_m

労働基準監督署の調査を労務管理適正化のチャンスと捉える

労働基準監督署の調査は、労務管理の改善の機会と捉えることで、秩序ある職場環境の形成に繋がるため、会社発展への一助ともあります。また、調査に協力的な態度で臨めば、監督官は、決して威圧的な態度で臨むことはないはずです。

a0008_001842_m

小さな「得」は、大きな「損」・・・!?  -6-

「法令遵守を机上の空論」と言うということは、裏を返せば、違反や不正を正当化していることです。「法令遵守」を机上の空論として片づけてしまうか?真面目に取り組むか?その違いが、「ブラック企業」と呼ばれる企業となるか、ならないかの分かれ道なのかもしれません。

a0008_001860_m

「労働トラブルの防止」の取組みは、労働者に安心感を与える

労務管理が整備されている企業に対しては、従業員は安心感を抱きます。従業員が安心して働けると言う事は、企業にとって非常に大きなプラスです。つまり、労働トラブル防止というとネガティブなイメージで捉えられてしまいますが、必ずしもネガティブな面だけでなく、ポジティブな要素も十分持ち合わせているのです。

a0008_001880_m

法律が想定していない・・・? -1-

従業員が、有給休暇を取得し場合には、通常の賃金を支払う必要がありますが、雇用形態の多様化により、予め労働時間が決まっていないケースも発生する場合もあります。法律は、時代の変遷と共に制定時には、想定されていなかった事態も起こることもあります。

wmn0102-001
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾