開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 標準報酬月額

タグ : 標準報酬月額

Q77 育児休業中は、社会保険料が免除になるのでしょうか・・・?

【質問】   「当社では、近々、出産により産休に入る従業員がいます。出産後も育児休業を取得する予定ですが、育児休業中は、社会保険料が免除になると聞いたのですが、制度の概要を教えて下さい。」   【回答 …

Q70 国民健康保険の方が得なのでしょうか・・・? 

【質問】   「退職予定の従業員から、退職後は、国民健康保険と健康保険の任意継続被保険者とどちらに加入した方が良いのか、質問がありました。退職後は、どちらの保険制度に加入した方が得なのでしょうか?」 &nbsp …

Q39 産前産後休業は、いつからいつまで与える必要があるのですか・・・?

【質問】   「当社には、半年後に出産予定の従業員がいます。これまでは、妊娠した従業員は、出産前に退職していたのですが、今回は、復帰を希望しています。当社としても、貴重な戦力なので、ありがたいことなのですが、出 …

Q37 傷病手当金という制度があると聞いたのですが・・・。

【質問】   「当社の従業員が、病気で長期休業することとなりました。このような場合、健康保険の傷病手当金が利用できると聞きました。傷病手当金とはどのような制度なのでしょうか?また、有給休暇との関係についても教え …

Q30 退職後も健康保険に加入できるのですか・・・?

【質問】   「先日、退職予定の従業員から、『退職後も健康保険に加入したいのでどうすれば良いのか教えて欲しい』との相談がありました。健康保険は、会社に勤めていないと入れないと思っていたのですが、退職した後も引き …

社労士が分かりやすく解説!退職後、どの保険制度に加入すれば良い?

労務管理のプロである社会保険労務士が、退職後にどの保険制度に加入すれば良いか?についてわかりやすく解説してあります。このブログをお読みになれば、各制度の概要がわかりますので、退職後の加入すべき保険制度について理解できます。

在職老齢年金の計算について 

在職老齢年金は、年金受給者が、厚生年金保険に加入している場合に、報酬を一定額以上貰うと年金が一定額停止される制度です。在職老齢年金の計算は、年金月額と標準報酬月額と過去1年間に支給された賞与額とで計算されます。 という制度です。

社会保険の月額変更とは・・・?

社会保険の月額変更は、固定的賃金の額に変動があった場合や賃金体系が変更された場合に行われます。月額変更により標準報酬月額が変更されるのは、固定的賃金の変動等があってから3ヶ月後となります。

有給休暇 時給のアルバイトにはいくら払えば良いの?

月給や日給月給の場合、有給休暇を取得しても、通常の月額の賃金を支払えば良い、というのはイメージがしやすいかと思います。 では、賃金が時給で支給されているアルバイト等が、実際に有給休暇を取得した場合に、支払う賃金はどのよう …

社会保険料削減の「秘訣」の実態とは・・・?  

社会保険料を削減するノウハウとしてパートタイマーやアルバイトの活用のテクニックが言われていますが、これは必ずしもノウハウと言えるほどのものではなく、また、社会保険料の削減ありきでパートタイマーやアルバイトを活用しようとすると、従業員数を確保することが自体が困難で、かえって業務に支障が生じてしまいます。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾