開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 健康保険

タグ : 健康保険

退職後の失業等給付(失業保険)の受給条件について

失業等給付は、労働者が退職後に保険給付のですので、会社には関係が無いことと思われがちですが、実際には、離職証明書の発行や失業等給付の支給要件に関するトラブル防止するためにも、正しい知識を有することは、非常に重要と言えます。しかし、細部についてまで知る必要はなく、全体の流れやポイント、ポイントを正しく理解すれば十分かと思いますので、本ブログでは、失業等給付に関する基本的な知識や是非、知っておいていただきたいポイントについてお話ししていきたいと思います。

bus0011-001

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -5-

「扶養の範囲内で働きたい」と漠然と考えるのではなく、健康保険や税金との各制度を正しく理解して、具体的な数字を挙げて考えることが大切です。扶養の範囲内にこだわるあまり、かえって収入が減ってしまう場合もあり得ます。

kid0026-009

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -4-

年収が130万円未満であっても、労働日数と労働時間が一定以上となると、健康保険に加入しなければなりません。ですから、扶養の範囲内で働きたい、と考える場合には年収だけでなく、労働時間や労働日数も考慮する必要があります。

a0002_002942_m

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -3-

「扶養の範囲内で働きたい」という言葉と密接な関係がある数字で130万円があります。これは、健康保険の扶養に入るための年収基準です。ただし、健康保険の扶養に入るには、年収が130万円未満であるだけでなく、健康保険の被保険者の年収の2分の1以下であるという要件もあります。

wmn0115-001
a0002_001422_m

労災事故が発生した時に慌てないための7つのポイント

労災事故が発生してしまった場合における初動の手続きの流れを解説してあります。労災事故後の手続きの流れを理解しておくことで、負傷とした従業員にも安心化を与え、スムーズな対応をできるようになります。

a0002_001100_m

高額療養費と限度額適用認定証について

従来の高額療養費は、一旦、医療費を全額支払って後に自己限度額負担分を超えた分が還付される制度でしたが、限度額適用認定証により、自己限度額負担分のみを支払えば良いこととなりました。

ヘッダー4

【限定記事】労災事故が発生した時に慌てないための7つのポイント2 ~休業補償給付編~

こんにちは 「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」 15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、 労働トラブルを防止し 労務管理適正化を実現することで 会社の更なる発展に貢献する 経営の安心・安定実現コンサルタ …

wmn0102-001

賃金と時効との関係について -1-

賃金の請求権の時効は、2年間となります。従って、賃金や残業代の不払いがあった場合には、労働基準監督署は、時効の2年間を根拠に支払い命令を出すこととなります。

a0830_000395_m

産前産後休暇の期間について

産前産後休暇の期間は、産前休暇が、出産予定日以前42日間(多胎妊娠は、98日間)で、産後休暇は、出産後56日間となります。産前休暇は、労働者の請求があった場合に与えれば良いのですが、産後42日間は、どのような場合でも労働者を働かせることはできません。

a0001_006369_m
1 2 3 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾