開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 健康保険

健康保険

Q146:再婚相手の子供を扶養に入れたいのですが・・・?

【質問】 当社の男性従業員が、この度結婚することとなりました。お相手の方が、再婚でお子さんがいるようで、奥さんとそのお子さんを自分の健康保険の扶養家族に入れたい、と申し出があったのですが、可能なのでしょうか? 【回答】 …

Q77 育児休業中は、社会保険料が免除になるのでしょうか・・・?

【質問】   「当社では、近々、出産により産休に入る従業員がいます。出産後も育児休業を取得する予定ですが、育児休業中は、社会保険料が免除になると聞いたのですが、制度の概要を教えて下さい。」   【回答 …

Q52 限度額適用認定証について教えて下さい・・・。

【質問】   「従業員から、限度額適用認定証を発行して欲しい、と依頼されたのですが、どのようにすれば良いでしょうか?また、高額療養費制度との関係は、どのようになっているのでしょうか?」   【回答】 …

Q38 傷病手当金はいつまでもらうことができるのですか・・・?

【質問】   「現在、当社では、病気療養中の社員がいて、傷病手当金を毎月申請しているのですが、その従業員から、傷病手当金は、いつまでもらい続けることができるのか、という質問を受けました。傷病手当金は、いつまでも …

Q37 傷病手当金という制度があると聞いたのですが・・・。

【質問】   「当社の従業員が、病気で長期休業することとなりました。このような場合、健康保険の傷病手当金が利用できると聞きました。傷病手当金とはどのような制度なのでしょうか?また、有給休暇との関係についても教え …

Q30 退職後も健康保険に加入できるのですか・・・?

【質問】   「先日、退職予定の従業員から、『退職後も健康保険に加入したいのでどうすれば良いのか教えて欲しい』との相談がありました。健康保険は、会社に勤めていないと入れないと思っていたのですが、退職した後も引き …

所得税の医療費控除と健康保険の高額療養費制度は全くの別制度です

税制の所得控除である医療費控除と健康保険の高額療養費とを勘違いしている方が多くいます。労務管理の専門家である社会保険労務士が医療費控除と高額療養費制度についてわかりやすく解説してあります。

高額療養費と限度額適用認定証について

従来の高額療養費は、一旦、医療費を全額支払って後に自己限度額負担分を超えた分が還付される制度でしたが、限度額適用認定証により、自己限度額負担分のみを支払えば良いこととなりました。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾