開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 休職制度

タグ : 休職制度

就業規則と休職制度について ③

休職から復帰する際には、病気、特にメンタル的な病の場合は、事業主の方にとっては、判断が難しいところがあります。ですから、このような場合を想定して就業規則に対処法を定めておく必要があります。しかし、労働者の病状等は、個人情報となってきますので、業務上必要ではありますが、事業主が、労働者に一定の指示・命令できる規定の存在が必要となってきます。

a0002_003636_m

就業規則と休職制度について ②

近年、うつ病等のメンタル的な病で休職制度を利用するケースが増えてきていますので、休職期間を設定する際には、「類似の事由での再休職を会社が認めた場合は、従前の休職期間を通算する」等の文言を記載しておくことが重要となってきます。

a0001_011466_m

就業規則と休職制度について ①

休職制度も相対的記載事項であるため、法的に事業主の方に求められる義務ではありません。しかし、福利厚生の面以外にも復職出来ない場合の取扱いが明確になるため、休職制度は、設けた方が良いと言えます。

ヘッダー4

パートタイマー就業規則は、必ず作成する必要があるのでしょうか・・・?

パートタイマー就業規則は、正社員とパートタイマーとで賞与や退職金、慶弔休暇等の待遇や福利厚生面で差を付けたい場合には、作成する必要があります。パートタイマー就業規則を作成する前提として、パートタイマーの定義を明確にする必要があります。

ヘッダー8

知って得する就業規則作成7つのポイント

就業規則を作成する場合に、少し視点を変えたり、ちょっとした1文を加えるだけで会社のリスクを大きく減少させることが出来る場合があります。今回は、就業規則を作成する際に、知っておくと得をするいくつかのポイントをまとめてみました。

a0001_008437_m

就業規則の不備によるトラブル事例集

就業規則に不備があると様々なトラブルが発生してしまいます。ですから、就業規則は、単に作成すれば良い、というものではなくいくつかのポイントに注意を払って作成する必要があります。本ブログでは、就業規則の不備により起こる可能性のあるトラブル事例をまとめてみました。

a0002_002278_m

就業規則と有給休暇との関係について

有給休暇は、法律で認められた労働者の当然の権利ですので、たとえ就業規則に記載が無くても、当然に、有給休暇の権利は発生します。また、有給休暇は、使用者が時季変更権の行使する余裕があれば、労働者は取得できるので、就業規則の規定に関わらず、前日までに申請された有給休暇については、法律的には認める必要があります。

a0006_002881_m

就業規則による労働トラブル解決事例集

就業規則は、労働トラブルを防止する面の他に、起きてしまった労働トラブルの解決にも大きな役割を果たします。実際に、就業規則により解決できる労働トラブル事例をまとめてみました。

a0002_002278_m

就業規則を作成しない7つのデメリットとは・・・?

就業規則は、労働トラブルを防止し、秩序ある職場環境を維持していくためには非常に重要なものとなってきます。そのため、就業規則を作成しないと、様々なデメリットが生じてしまいます。今回は、就業規則を作成しないことにより生じるデメリットとして代表的なものを7つ取り上げました。

a0002_002271_m

適正な労務管理は従業員に安心を与える

法令順守を心掛け、適正な労務管理を行うことは、労働トラブルを防ぎ、従業員が安心して働くことができる職場環境の形成に繋がります。労務管理の適正化を目指すには、いきなり100%を目指さずに、できる所から少しづつ改善を積重ねていくことが大切です。

a0003_001885_m
1 2 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾