開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 育児・介護休業法

タグ : 育児・介護休業法

Q81 勤務時間等の短縮を行う必要があるのですか・・・?

【質問】   「当社では、近々、育児休業を終え、職場復帰する従業員がいます。出産後復帰する従業員に対して、勤務時間を短くする等の措置を行う必要がある、と聞いたのですが、具体的にはどのような措置を導入すれば良いの …

Q80 育児中の従業員を深夜に働かせてはいけないのですか・・・?

【質問】   「当社には、育児中の従業員がいます。育児中の従業員に対しては、残業や深夜労働をさせてはいけないと聞いたのですが、従業員本人は、残業や深夜労働をしても構わない、と言っているのですが、このような場合で …

Q79 子の看護休暇制度について教えて下さい・・・。

【解説】   「育児・介護休業法の中で子の看護休暇制度というものを定めないといけないと聞きました。子の看護休暇制度とは、具体的にどのような制度なのでしょうか?また、当社は、従業員数が、数十名の小企業ですが、当社 …

Q78 出産後復帰した従業員の対応について教えて下さい・・・。

【質問】   「当社では、出産後、育児休業を取得後、職場に復帰した従業員がいます。育児中の従業員については特別な配慮が必要と聞いたのですが、具体的にどのような点に注意すれば良いのでしょうか?」   【 …

有給休暇の計算方法とは?

労務管理の専門家である社会保険労務士が、有給休暇の計算方法についてわかりやすく解説してあります。労働者にとって有給休暇は重要な労働条件の1つです。そのため有給休暇に関するトラブルも増加しています。そのため、有給休暇を正しく理解することは、経営者にとって重要な課題と言えます。

就業規則を作成しない7つのデメリットとは・・・?

就業規則は、労働トラブルを防止し、秩序ある職場環境を維持していくためには非常に重要なものとなってきます。そのため、就業規則を作成しないと、様々なデメリットが生じてしまいます。今回は、就業規則を作成しないことにより生じるデメリットとして代表的なものを7つ取り上げました。

育児休業について

育児・介護休業法により、子が1歳に達するまでの間、労働者は、育児休業を取得することができます。育児休業を取りやすい職場環境の形成を目指すことは、経営的にも重要な課題と言えます。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾