開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 社会保険労務士

タグ : 社会保険労務士

残業時間を減らすには-1-

残業を減らす方法を考える場合に、まず残業の本質を考えることが重要です。業務上、必要がある残業の場合、残業を減らす方法を考えるより、業務そのものの効率化を考えることが重要となってきます。無理に残業を減らそうとするとかえって業務にそのものに支障が生じてしまう可能性があります。

固定残業制について -3-

固定残業制を導入すると、結果的に残業代の単価が変わってしまうため、従業員にとっては不利益な変更となります。そのため、固定残業制は、会社が一方的に導入することはできず、従業員全員の同意が必要となります。

固定残業制について -2-

固定残業制の場合、実際に行った残業時間が、予め見込んだ残業時間よりも少なくても固定残業代を支給する必要があります。また、実際の残業時間が、予め見込んだ残業時間より多かった場合には、残業代の不足分を支給しなければなりません。

固定残業制について -1-

固定残業制が、適法となるためには、残業代として支給される手当等が就業規則に明記される必要があります。もし、就業規則への明記がなされていなければ、手当等が残業代とはみなされなくなるため、結果的に多額な残業代の不払いが発生してしまう恐れがあります。固定残業制において、就業規則への明記は、非常に重要なポイントとなります。

定額残業代が認められない場合もあります

残業代を一定の手当等で定額残業代と支給する場合、就業規則等にその手当が、残業代であることを明記する必要があります。また、実際の残業代と定額残業代との間で不足が生じた場合には、その不足額を支給する必要があります。

トライアル雇用奨励金が拡充されています。

トライアル雇用奨励金は、職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な労働者を雇用後、一定期間のトライアル期間を設けることにより支給される助成金です。現在、助成金の対象となる労働者が従来より拡大されているので、利用しやすくなっています。

特定求職者雇用開発助成金の支給要件が変更されました

特定求職者雇用開発助成金は、ハローワークを通じて、60歳以上の高齢者や母子家庭の母等の就職困難者を雇用する際に、支給される助成金です。特定雇用開発助成金は、支給要件や受給額が平成27年から改正されています。

受給資格者創業支援助成金に代わる助成金はありますか・・・?

受給資格者創業支援助成金などの独立・開業時に利用できる助成金は、ごく一部を除いて、現在は廃止されています。しかし、助成金を活用できる機会は、独立・開業後も意外に多く、助成金を上手に活用すれば、早期の経営安定化の実現が可能となります。

« 1 17 18 19
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾