残業時間を減らすには

残業を減らす方法を考える場合に、まず残業の本質を考えることが重要です。業務上、必要がある残業の場合、残業を減らす方法を考えるより、業務そのものの効率化を考えることが重要となってきます。無理に残業を減らそうとするとかえって業務にそのものに支障が生じてしまう可能性があります。

続きを読む →

固定残業制について 

固定残業制が、適法となるためには、残業代として支給される手当等が就業規則に明記される必要があります。もし、就業規則への明記がなされていなければ、手当等が残業代とはみなされなくなるため、結果的に多額な残業代の不払いが発生してしまう恐れがあります。固定残業制において、就業規則への明記は、非常に重要なポイントとなります。

続きを読む →