36協定の提出は重要です!

従業員に法定労働時間を超えてまたは休日に労働させる場合には、労働基準監督署へ36協定の提出が必要です。36協定は、協定を締結しただけでは効力がなく、労働基準監督署へ提出して初めて有効となります。36協定の有効期間は、1年が望ましいとされているので、毎年提出する必要があります。

続きを読む →

「労働トラブルの防止」の取組みは労働者に安心感を与える

労務管理が整備されている企業に対しては、従業員は安心感を抱きます。従業員が安心して働けると言う事は、企業にとって非常に大きなプラスです。つまり、労働トラブル防止というとネガティブなイメージで捉えられてしまいますが、必ずしもネガティブな面だけでなく、ポジティブな要素も十分持ち合わせているのです。

続きを読む →

助成金から退職金、労働トラブル防止まで!無料レポートのご案内

当事務所では、経営に関する無料レポート・メールセミナーを発行しております。「労働トラブル防止」 「退職金」 「解雇」から「助成金」まで幅広い分野で、事業経営に役立つものばかりです。無料レポート・メールセミナーは、全て無料となっておりますので、お気軽にご利用下さい。

続きを読む →