-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌  です。

 

従業員が残業する理由に、「上司がなかなか帰らないから帰れない」といった理由をよく聞きます。
これは日本特有なのかもしれません。

しかし、これは本当に無駄な残業です。

◆前回までの記事
>>残業時間を減らすには?-1-
>>残業時間を減らすには?-2-
>>残業時間を減らすには?-3-

 

上司は、何故帰らないのか?

 

a0008_001842_m

部下は、本来業務終了後も全く会社にいる理由が無いのに、上司が残っている、という理由だけで残業をしていたとしたら、会社に
とっては大きな損失です。

 

この問題の非常に難しい点は、従業員側からすれば、早く帰りたくても上司の目が気になる、査定に響く等の理由で残業をせざる得ないのですが、逆に上司の方も、残業する従業員を

「あいつは頑張っている」

と評価する、逆に言えば、早く帰る従業員を

「あいつは、ろくに仕事もしないで、終業時間だけは守る」

と査定の評価要因にしがちなところもあります。

この問題は、上司の個人的な要因も影響してきます。

この問題を考えるとしたら、まず「何故、上司は残業をするのか?」をまず考えるべきです。

これまでお話ししてきましたように、従業員が残業する理由はいくつかあります。上司も従業員ですから、当然残業する理由があります。
 
 
<スポンサーリンク>



 

上司の残業に合理性の有無を考える。

 

a0002_005878_m

問題となるのは、上司が残業する理由と部下が残業する理由に合理性があるか無いかです。

例えば、上司が残業する理由が、業務上の必要であった場合に、部下がその仕事を手伝うために残業するとすれば、これは合理性があります。上司の残業も部下の残業も、現時点では必要なものです。

しかし、この場合には、「上司がなかなか帰らないから帰れない」という声は上がらないはずです。

つまり、このような声があがるのは、上司の残業する理由と部下の残業する理由に合理性がないのです。

上司が残業する理由が、たとえ業務上必要であっても、部下はそれ を手伝う必要が無い場合には、部下にとっては、

「上司がなかなか帰らないから帰れない」

ということとなってしまいます。

 

ましてや、上司が自分の勝手な都合で残業していたとしたら、

従業員にとっては迷惑千万となります。

 

少し回りくどい言い方になってしまいましたが、この問題のポイントは2つあると言えます。

次回は、そのポイントについてお話ししたいと思います・・・。

 

↓続きはこちらの記事をお読み下さい↓

a0008_001810_m
残業時間を減らすには? -5-

 

 

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 


労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

 

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理
に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568   (静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)休日:土日祝日