-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌 です。

 

前回、残業減らす方法を考える前に、まず、何故残業が行われるのか?

その本質を考える必要があると書きました。

残業には、前回書きましたように、業務上必要に迫られて残業する場合もあります。しかし、労働者が、残業を行う場合には、それ以外にも理由があります・・・。

◆前回の記事はこちら
>>残業時間を減らすには-1-

 

労働者の意思で残業する理由も複数考えられます。

 

a0001_011491_m

業務上の必要性が無いにも関わらず、労働者が自らの意思で残業をする場合が考えられます。

さらに、「労働者の意思」ですが、「意思」にもいろいろな種類があ ると言えます。

まず、労働者自身が純粋に仕事が好きで、とにかく長時間仕事となってしまう場合です。

もう1つ代表的なケースは、残業時間を増やして、所得を増やしたい場合です。

さらに、帰宅してもつまらないから、会社に残っているケースな ども考えられるでしょう。

 

ところで、ここで考えなければならないのは、業務上の必要性が無いにもかかわらず、労働者の意思で残業すると言うことは、企業にとって全てがマイナスとなるかどうかです。

必ずしも全てがマイナスにはならないのではないでしょうか?

私は、ここが非常に重要な点だと考えています。これまで書いてきましたように、残業を行う理由に様々な要因がある ように、労働者の意思にも様々あります。となれば、当然、それに対する、対処方法も変わってきます。

個々のケースについて考えてみたいと思います。
 
 
<スポンサーリンク>



 
 

労働意欲の高さの表れでもあります。


a0001_016644_m

先に書いた、純粋で仕事が好きで、その結果、長時間の残業となってしまう場合ですが、このような労働者は、長時間残業をすることの善悪は別にして、企業にとって、そのような労働者は、貴重な存在の場合が多いと言えます。

何故なら、純粋に仕事が好きであれば、労働意欲が高く生産性も高 い場合が多い、と考えられるからです。

このような労働者に対して、単純に労働時間を削減させれば、労働意欲に低下に繋がる可能性もあります。

しかし、当然ですが、長時間労働は、健康に害を及ぼす可能性があります。健康を害してしまえば、会社にとってもマイナスですが、労働者自身が、結果的には大きな損失を被ってしまします。

このような労働者の残業時間を削減しようとするならば、長時間労働 が及ぼす健康被害等を踏まえて話し合いをする必要があります。

 

無駄な残業の場合もあります。


a0001_011471_m

次に「労働者自身が所得を増やしたい場合」「大した理由も無いにのに会社に残っている場合」はどうでしょう?

このような場合は、当然ですが、ほとんどが無駄な残業と考えられます。

いわゆるダラダラ残業と言われるケースです。

このような残業こそ真っ先に削減すべきでしょう。

では、このようなケースに対してはどのように対処すべきでしょうか?

次回は、そのあたりについてお話ししていきたいと思います。

 

↓続きはこちらの記事をお読み下さい。↓

a0002_001424_m
残業時間を減らすには? -3-

 

 

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます。

社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 
 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 


労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

 
◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 
 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562

対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日
※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。