-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌  です。

 

前回、社会保険の調査の実施内容について書きましたが、もしかしたら調査を上手く誤魔化せないか?と考える方がいるかもしれません。

しかし、それは凄く危険なことなんです。

今回は、社会保険の調査について、さらにお話ししていきたいと思います。

 

◆前回の記事はこちら
>>「小さな「得」は、大きな「損」・・・!?-1-」
>>「小さな「得」は、大きな「損」・・・!?-2-」

 

調査官は、プロです。

 

wmn0102-001

「調査を上手く誤魔化せれば・・・」

誰もが調査は嫌です。

特に、何か問題がある場合には、何とか誤魔化せないか?と考えがちです。

私の顧問先の社長さんも、「何とかうまく隠せないか・・・」と言う方もいます。

もちろん、私も、日頃から適正に加入させるように、言ってはいるのですが、なかなか、言うことを聞いて下さらない社長様もいて、まだまだ自分自身の未熟さを嘆くのですが・・・。

 

それはさておき、先のように社長様が、「何とかうまく隠せないか・・・」と言ったりすると、「社長、下手な小細工は止めた方が良いです。相手もプロだから、すぐ分りますよ。

下手な小細工するより、見つかったら、『ごめんない』と言いましょう」とアドバイスします。(相手にとっては、アドバイスに聞こえないかもしれませんが(笑))

何故、私は、こんなバカ正直なことを言うのかと言いますと、下手な小細工しても、100%に近く無駄な結果となり、かえって調査官の印象を悪くしてしまって決して得策ではないからです。

 

でも、何十人も従業員がいる会社では、1人、2人のことだと分からないような気がしますよね?

でも、私もこれまで何度も問題がある事業所の調査に立ち会いました。

当然、こちらは、何が問題であるのか分かっているですが、これまでの調査では、実に100%こちらが問題と思っている個所は、調査官に指摘されました。

相手は調査のプロですから、確実に指摘してくるのです。
 
 
<スポンサーリンク>



 

何故、不正はすぐに分かる?

 

a0002_001517_m

ここで何故、調査官は、確実に不正を指摘してくるかお話ししますね。

と言っても、そんな大袈裟なことではないですよ。

と言うと、調査官に怒られてしまいそうですが(笑)、言われてみれば、当然と言えば当然なことなんです。

 

調査の時には、賃金台帳、出勤簿又はタイムカード、労働者名簿、雇用契約書、源泉所得税の領収書等を提示します。

従業員が、何十人もいる会社では、提示する資料の量は、膨大になります。

ですから、その中で1人、2人の不正を見つけるのは難しい、と思えるかもしれません。

 

しかし、加入日が適正がどうかを調べるのは、実は簡単なんですよ。

加入日が正しいかどうかを調べる従業員は、過去2年間に加入した従業員です。

当然ですが、会社は、加入日が正しいかどうかはともかく、社会保険の手続き自体はしています。

と言うことは、調査官は、予め過去に2年間に社会保険に加入した従業員のデータを把握しているわけですよね。

 

つまり、調査官は、提示された賃金台帳や出勤簿が何十人分あっても、最初から調べるべき従業員は分かっているのです。

調査官は、当然、その従業員の社会保険の加入日も把握しているわけですから、加入日以前にその従業員のお給料が支払われていれば、その時点でおかしい、と思われます。

もちろん、加入日以前は、労働時間が短くて、社会保険に加入する必要が無い場合もあります。

しかし、それも、出勤簿や雇用契約書等ですれば、適正かどうかはすぐ分かります。

 

では、従業員が、何十人もいるのだから、加入日以前の賃金台帳や出勤簿を持っていかなくても、分かりはしないよ!と思われ方もいるかもしれません・・・。

続きは次回お話します。
 
 
IMG_3071-7

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理
に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568   (静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)休日:土日祝日
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)