-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌  です。

 

これまでお話ししてきましたように、適正な労務管理は、経営にとって非常に重要な要因となります。

事業経営は、従業員、つまり「人」がいて初めて成り立つ、という事実があります。

ですから、「人」の問題、つまり労務管理は、ある意味経営の根本を成しているとも言えます。

 

◆前回の記事はこちら
>>「適正な労務管理の重要性を今一度考えてみる -1-」
>>「適正な労務管理の重要性を今一度考えてみる -2-」

 

「人」がいなければ経営は成り立たない

 

a0001_011479_m

労務管理の重要性について書いてきましたが、某大手牛丼チェーン店に話を戻しますが、この問題を見ていると、企業は、「人」がいて、初めて成り立っている、ということを改めて感じさせられました。

つまり、どんな理想論を掲げても、「人」がいなければ、経営は成り立たないのです。

しかし、これは誰が考えてもわかることです。
 
 
<スポンサーリンク>



 
では、何故、某大手牛丼チェーンは、数多くの店舗が休業に追い込まれてしまったのでしょうか?

私は、結局は、労働者がいなくなること自体を考えてもいなかったのではないのでしょうか?と思います。

私は、深夜を1人の労働者でまかなうシステムに大いに疑問を感じました。

誰が考えても、防犯上のリスクが高いということはわかっていたはずです。

こんな無謀な制度を導入すること自体が、異常です。

 

でも、経営者からしてみれば、「人件費を削減しなければ経営が成り立たない」と言うでしょう。

確かに、その通りです。

でも、この恐ろしくリスクが高いシステムが成り立つには、労働者がいるということが前提となっています。

 

これは「会社が潰れれば、労働者も困るだろう」という、まさに上から目線の感覚に私は思えます。

でも、一番困るのは経営者ですよね。

ですから、本来は、最も負担を強いられるのは経営者のはずです。

でも、それが堂々と労働者に負担が強いられている。

何故なら、「労働者がいなくなることはありえない」という感覚があるからだと思います。

でも、実際に、労働者はいなくなってしまいました。

 

もちろん、労働者に謙る必要はありません。

しかし、企業にとって「人」がいかに重要であるか、そして、経営は、「人」がいなければ成り立たない、

という誰もが頭ではわかっているこの事実を、今一度、真剣に考える必要があるのではないでしょうか?
 
 
IMG_3071-7

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理
に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568   (静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)休日:土日祝日
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)