開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 退職金制度

タグ : 退職金制度

適正な労務管理には就業規則は欠かせません-3-

退職金は、通常の賃金と同様に扱われるため、退職金の減額又は退職金制度の廃止については、労働者にとって、重大な不利益変更となりますので、労働者の合意が必要となってきます。労働者の同意が得られない場合に、退職金を減額又は制度を廃止するだけの合理的な理由があれば、退職金を減額又は制度の廃止が、裁判等で争っても、認められる場合がありますが、その基準は、非常に高いものです。ですから、退職金制度を導入する場合には、慎重に検討することが必要となってきます。

a0001_011459_m

就業規則と退職金制度について

就業規則の相対的記載事項の中の1つに退職金があります。本来、退職金制度が、無くても法律的には全く問題ありません。一度、退職金制度を導入すると、通常の賃金と同様に扱われ、経営者には支払いの義務が生じます。退職金制度を導入する場合には、慎重に検討することが必要です。

a0008_001855_m

退職金制度について -4-

退職金制度の大きなリスクは、積立不足にあり、それを解消することが必須となります。しかし、積立不足の問題を解決するのには、まず現状を認識することが先決となります。実は、この現状認識こそが退職金問題を解決する最も重要なポイントと言えます。

a0002_003650_m

退職金制度について -2-

退職金制度の導入を検討する場合、退職金規程と積立方法とをトータル的に考える必要があります。退職金規程、積立方法を個別に考えてしまうと、結果的に多額の積立不足が生じてしまう恐れがあります。

a0002_003652_m

退職金制度について -1-

退職金制度は、本来、企業に課せられた義務ではありませんが、一度、退職金制度を導入すると、通常の賃金同様、支払いの義務が生じてしまいます。そのため、退職金制度を導入するということは、会社として大きなリスクを抱えることとなるため、退職金制度の導入は、慎重に検討する必要があります。

a0002_003051_m

「そろそろ退職金制度が必要かな?」と思った時に・・・。

安易に退職金制度を導入することは非常に危険なことです。ですから、退職金制度を導入する際には、積立方法や退職金の支給額、退職金規程の内容等慎重に検討する必要があります。

a0002_003650_m

退職金制度と中退共との関係について -2-

退職金原資のために各積立方法は、それぞれメリットとデメリットがあるので、どの積立方法を選択するかは、客観的に判断することが重要です。

a0002_003652_m

退職金制度と中退共との関係について -1-

退職金制度を導入する場合、積立方法が重要な問題となってきます。退職金の積立として最も広く利用されている制度に中退共(中小企業退職金共済制度)があります。ただ、中退共には、従業員を懲戒解雇した場合でも、退職金が従業員本人に支払われてしまうという問題点を含んでいます。

a0002_003655_m
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾