開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 自然退職

タグ : 自然退職

正しい労務管理には就業規則は欠かせません-4-

休職制度は、現在、就業規則の中でも非常に重要な事項の1つとなっています。休職制度は、休職期間の設定、休職事由、復帰時の取扱い等、様々な問題を含んでいます。就業規則を作成する場合には、休職制度については、十分時間をかけて検討する必要があります。

ヘッダー4

就業規則と休職制度について ③

休職から復帰する際には、病気、特にメンタル的な病の場合は、事業主の方にとっては、判断が難しいところがあります。ですから、このような場合を想定して就業規則に対処法を定めておく必要があります。しかし、労働者の病状等は、個人情報となってきますので、業務上必要ではありますが、事業主が、労働者に一定の指示・命令できる規定の存在が必要となってきます。

a0002_003636_m

就業規則と休職制度について ①

休職制度も相対的記載事項であるため、法的に事業主の方に求められる義務ではありません。しかし、福利厚生の面以外にも復職出来ない場合の取扱いが明確になるため、休職制度は、設けた方が良いと言えます。

ヘッダー4
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾