開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 正社員

タグ : 正社員

パートタイマー就業規則は、必ず作成する必要があるのでしょうか・・・?

パートタイマー就業規則は、正社員とパートタイマーとで賞与や退職金、慶弔休暇等の待遇や福利厚生面で差を付けたい場合には、作成する必要があります。パートタイマー就業規則を作成する前提として、パートタイマーの定義を明確にする必要があります。

ヘッダー8

知って得する就業規則作成7つのポイント

就業規則を作成する場合に、少し視点を変えたり、ちょっとした1文を加えるだけで会社のリスクを大きく減少させることが出来る場合があります。今回は、就業規則を作成する際に、知っておくと得をするいくつかのポイントをまとめてみました。

a0001_008437_m

正社員の定義とは・・・?

労働基準法では、正社員、パートタイマーといった名称で従業員を区分することはなく、全て労働者として取扱います。しかし、行政官庁や助成金等で、正社員やパートタイマー等に定義付けする場合は、通常は、労働時間の長さと雇用期間の定めの有無で判断されます。

a0001_011466_m

パートタイマー、アルバイト等について -1-

非正規労働者と呼ばれる、パートタイマーやアルバイトも、労働基準法上では、正社員と同じ労働者となります。そのため、パートタイマーやアルバイトであっても、正社員と同じ労働基準法上の権利を有します。この点は、正しい労務管理を行う上で非常に重要なポイントとなります。

ヘッダー8

アルバイトだからいつでも解雇できるは大きな誤解です!

労働基準法では、パートタイマーやアルバイトも正社員同様、労働者と取扱われます。そのため、パートタイマーやアルバイトであっても、解雇するには、合理的な理由が必要となってきます。「パートタイマーだから」「アルバイト」だからといった理由で安易に解雇すると大きなトラブルへ発展してしまいます。

a0002_003675_m

人材不足をいかに解消するか・・・? -2-

労働人口の減少という難しい状況の中でも、企業は、何らかの方法で労働力を確保していかなければなりません。パートタイマーやアルバイト等のいわゆる非正規従業員の活用が人材不足を解消する1つの大きなポイントではないかと思います。パートタイマーやアルバイト等の有期雇用労働者を正社員等へ転換した場合やキャリアップのための教育訓練を受講させた場合には助成金が支給される場合もありますので、このような制度も併せてご活用されると良いかと思います。

a0001_011466_m

就業規則と定年後の従業員の身分の定義について

高年齢者雇用安定法により労働者の雇用が、65歳まで義務化されています。また、定年後の労働者を再雇用する場合、その労働者の身分の定義を就業規則に明確にしておくことが重要となってきます。

a0002_001424_m
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾