開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 時間外労働

タグ : 時間外労働

雇用契約書について -4-

休憩時間は、労働基準法により労働時間の長さによって与えるべき時間が決められています。休憩時間を決める場合には、時間外労働の有無によって時間を決めると良いかと言えます、また、休憩時間は、必要な時間を分割して与えることも可能です。

a0002_004890_m

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -7-

扶養の範囲内で働きたいために、年末近くなると労働時間や労働日数を調整する風潮があります。しかし、労働時間や労働日数は、労働契約に則って労働するのが本来であり、労働時間の調整によって業務に支障が出てしまうのは、本末転倒とも言えるのはないでしょうか?

wmn0123-001

突然!労働基準監督署が来ても慌てないための8つの備え

労働基準監督署の調査が、突然行われても慌てないために、日頃から適正な労務管理を心掛ける必要があります。適正な労務管理を行うために、まず行うべき最も重要な8つのポイントについて解説してあります。

a0008_001832_m

36協定の提出は重要です! -1-

従業員に法定労働時間を超えてまたは休日に労働させる場合には、労働基準監督署へ36協定の提出が必要です。36協定は、協定を締結しただけでは効力がなく、労働基準監督署へ提出して初めて有効となります。36協定の有効期間は、1年が望ましいとされているので、毎年提出する必要があります。

a0002_001424_m

休憩時間と労働時間との関係について

休憩時間は、労働基準法により労働時間の長さによって与える休憩時間の長さが規定されています。また、休憩時間は、労働時間の途中で与える必要があります。ただし、休憩時間は、労働時間の途中であれば、分割して与えても法律的に問題ありません。

a0002_004890_m

36協定の特別条項で時間外労働の上限を超えことができる?

36協定を労働基準監督署に提出することにより従業員に法定労働時間を超えて労働させることができるようになります。法定労働時間を超えての労働については、法律で上限時間が定められていますが、36協定に特別条項を付帯することで上限時間を超えて労働させることができます。

a0001_012258_m

深夜割増賃金の勘違い・・・?

労働基準法において深夜(午後10時から翌朝午前5時)に労働させた場合には、2割5分増以上の割増賃金を支払う必要があります。深夜割増賃金は、深夜に働いた事実に対して割増賃金を支払うもので、通常の労働時間においても深夜に労働した場合には、割増賃金を支払う必要があります。

a0830_000402_m

固定残業制について -3-

固定残業制を導入すると、結果的に残業代の単価が変わってしまうため、従業員にとっては不利益な変更となります。そのため、固定残業制は、会社が一方的に導入することはできず、従業員全員の同意が必要となります。

a0001_008437_m
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾