開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 時間外割増賃金

タグ : 時間外割増賃金

Q56 割増賃金の計算方法について教えて下さい・・・。

【質問】   「割増賃金の計算方法を具体的に教えて下さい。」   【回答】   「割増賃金には、時間外割増賃金、休日割増賃金、深夜割増賃金があり、それぞれの割増率が、労働基準法によって定めら …

Q47 営業手当を残業代として支払っているのですが・・・。

【質問】   「当社では、営業社員に対して、営業手当を残業代の代わりとして支給しているのですが、先日、従業員から、これは労働基準法違反ではないか、との申出がありました。営業手当を残業代の代わりに支給することは法 …

Q32 深夜割増の計算方法について教えて欲しいのですが・・・?

【質問】   「深夜割増の計算方法を教えて欲しいと思います。深夜アルバイトにも深夜割増を支払う必要があるのでしょうか?」   【回答】   「はい、深夜割増賃金は、深夜に労働させた事実に対し …

Q31 家族手当は、残業代を計算する際に控除できるのですか・・・?

【質問】   「残業代を計算する際に、家族手当や住宅手当は、割増賃金を計算する際に、総額に含めなくても良いと聞いたのですが、その計算方法で良いのでしょうか?」   【回答】   「労働基準法 …

Q17 課長以上には残業代を支払う必要がないと聞いたのですが・・・?

【質問】   「先日、知合いの社長さんが、『課長以上には残業代を支払う必要がないから、うちの会社では、課長以上には、残業代を支給していないですよ。』とおしゃっていました。当社では、課長でも従業員と同じ計算方法で …

時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?

事業経営において根幹にある最も重要なことは、法令遵守、コンプライアンスであります。どんなに、売上を伸ばしても、法令遵守できないと、結局は顧客の信用を失ってしまう結果となってしまいます。

就業規則による労働トラブル解決事例集

就業規則は、労働トラブルを防止する面の他に、起きてしまった労働トラブルの解決にも大きな役割を果たします。実際に、就業規則により解決できる労働トラブル事例をまとめてみました。

突然!労働基準監督署が来ても慌てないための8つの備え

労働基準監督署の調査が、突然行われても慌てないために、日頃から適正な労務管理を心掛ける必要があります。適正な労務管理を行うために、まず行うべき最も重要な8つのポイントについて解説してあります。

労働基準法に違反すると罰則があるのでしょうか・・・?

労働基準法の罰則には、罰金刑から懲役刑まで規定されています。労働基準法に違反した場合、通常は、罰則が適用される前に、指導や是正勧告が行われます。しかし、それらに従わない場合には、労働基準法違反として送検されることとなります。

フレックスタイムのメリットとデメリットとは・・・?

フレックスタイムは、出社・退社時間を従業員が自由に決めることができる制度です。フレックスタイムにより残業時間削減や従業員のモチベーションの向上等のメリットを期待することができます。フレックスタイムは、大手企業などで導入されています。

1 2 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾