開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 家族手当

タグ : 家族手当

Q37 傷病手当金という制度があると聞いたのですが・・・。

【質問】   「当社の従業員が、病気で長期休業することとなりました。このような場合、健康保険の傷病手当金が利用できると聞きました。傷病手当金とはどのような制度なのでしょうか?また、有給休暇との関係についても教え …

Q31 家族手当は、残業代を計算する際に控除できるのですか・・・?

【質問】   「残業代を計算する際に、家族手当や住宅手当は、割増賃金を計算する際に、総額に含めなくても良いと聞いたのですが、その計算方法で良いのでしょうか?」   【回答】   「労働基準法 …

就業規則の不備によるトラブル事例集

就業規則に不備があると様々なトラブルが発生してしまいます。ですから、就業規則は、単に作成すれば良い、というものではなくいくつかのポイントに注意を払って作成する必要があります。本ブログでは、就業規則の不備により起こる可能性のあるトラブル事例をまとめてみました。

会社を守る就業規則 7つのポイントとは・・・?

就業規則を「会社を守る」という視点で考えた場合に、何を注意すべきかを7つのポイントにまとめて解説してあります。就業規則を作成する際に、今回、ご紹介しているポイントを参考にして作成すれば、トラブル防止効果の高い就業規則を作成することができます。

突然!労働基準監督署が来ても慌てないための8つの備え

労働基準監督署の調査が、突然行われても慌てないために、日頃から適正な労務管理を心掛ける必要があります。適正な労務管理を行うために、まず行うべき最も重要な8つのポイントについて解説してあります。

最低賃金について 注意が必要な手当があります!

最低賃金は、基本給以外の手当も合算することができますが、あくまで、家族手当、精皆勤手当、交通費、残業代等以外で、確実に支払われる事が約束されている賃金が対象となってきます。また、最低賃金額は、定期的に改定されるため常に注意を払う必要があります。

意外と知らない「手当」について 

労働基準法では、手当の支払額、支給方法については、特段の定めがないため、事業主の裁量で手当を支給することができます。ただし、一度、支払いを決めた手当については、従業員の既得権となるため、手当を不支給、減額する場合には、従業員の同意が必要となります。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾