開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 変形労働時間制

タグ : 変形労働時間制

Q65 休日は、どのように設定すれば良いのでしょうか・・・?

【質問】   「当社では、今回、初めて従業員を雇用します。ただ、当社は、年中無休で営業しています。これまでは、休日という概念が無かったのですが、従業員に対しては一定の休日を与える必要があると思うのですが、どのよ …

Q41 週休2日制は、難しいのですが・・・。

【質問】   「当社の休日は、隔週2日制なのですが、先日、従業員から、週休2日制でないと、労働基準法違反ではないか?との指摘を受けました。ちなみに、当社の所定労働時間は、7時間30分で通常の休日の他に年末年始休 …

Q21 作成した就業規則に従業員から同意をもらえないのですが・・・?

【質問】   「先日、就業規則を作成し、労働基準監督署に届出ようとしましたが、従業員の過半数を代表するの者が、内容に不服があり、同意してくれません。どうすればよいでしょうか?」   【回答】 &nbs …

雇用契約書について 

労働基準法では、賃金や労働時間等の重要な労働条件については書面で従業員に通知することを義務付けています。また、書面での労働条件の未通知が、労働トラブルの最も大きな原因となっています。ですから、労働トラブル防止の観点からも、書面による労働条件の通知が非常に重要となってきます。

突然!労働基準監督署が来ても慌てないための8つの備え

労働基準監督署の調査が、突然行われても慌てないために、日頃から適正な労務管理を心掛ける必要があります。適正な労務管理を行うために、まず行うべき最も重要な8つのポイントについて解説してあります。

所定労働時間と法定労働時間の違いとは・・・?

法定労働時間は、労働基準法により従業員に労働させることができる上限時間で、所定労働時間は、労働契約等により各従業員が働くべき時間を言います。法定労働時間を超えて労働させるには、36協定の提出と割増賃金の支払いが必要となります。

36協定の特別条項で時間外労働の上限を超えことができる?

36協定を労働基準監督署に提出することにより従業員に法定労働時間を超えて労働させることができるようになります。法定労働時間を超えての労働については、法律で上限時間が定められていますが、36協定に特別条項を付帯することで上限時間を超えて労働させることができます。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾