開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 国民年金

タグ : 国民年金

退職後に夫(妻)の扶養に入る手続きと失業保険との関係についてわかりやすく解説

労務管理のプロである社会保険労務士が、健康保険の扶養と失業等給付(失業保険)との関係について、わかりやすく解説してあります。このブログをお読みになれば、健康保険の扶養についての基本的な考え方と失業等給付との関係について理解できます。

扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -3-

「扶養の範囲内で働きたい」という言葉と密接な関係がある数字で130万円があります。これは、健康保険の扶養に入るための年収基準です。ただし、健康保険の扶養に入るには、年収が130万円未満であるだけでなく、健康保険の被保険者の年収の2分の1以下であるという要件もあります。

在職老齢年金の計算について -1-

在職老齢年金は、年金受給者が、厚生年金保険に加入している場合に、報酬を一定額以上貰うと年金が一定額停止される制度です。在職老齢年金の計算は、年金月額と標準報酬月額と過去1年間に支給された賞与額とで計算されます。 という制度です。

【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾