開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 労務管理適正化

タグ : 労務管理適正化

パートタイマー等の有給休暇の付与日数等について

パートタイマー等の有給休暇について、誤った認識を持たれている経営者の方が、かなりの数いるよう思われます。有給休暇に関してのトラブルを防止する上でも、今回ご紹介する法律の考え方は、非常に重要なポイントとなってきます。

有給休暇の計算方法とは?

労務管理の専門家である社会保険労務士が、有給休暇の計算方法についてわかりやすく解説してあります。労働者にとって有給休暇は重要な労働条件の1つです。そのため有給休暇に関するトラブルも増加しています。そのため、有給休暇を正しく理解することは、経営者にとって重要な課題と言えます。

長時間労働、大きな社会問題となっています・・・。

長時間労働の問題は、単に、「長時間労働=悪」といった単純な問題では片づかない、もっと複雑で根が深い問題と言えます。 ただ、1つ言えることは、長時間労働の問題は、決して労働者だけの問題では無いと言えます。働くのは労働者だからといって、労働者に任せていては、絶対に解決しないでしょう。むしろ、経営者が、リーダーシップをとって、会社全体の問題として取組んでいく必要があるでしょう。

資金繰りが楽になるお手伝いをさせて下さい。

助成金活用の1つのコツは、経営者の方が、「この助成金、うちでも利用できるかな?」「助成金のチラシが送られてきたけど、ちょっと興味があるな」といった時に行動することなんです。当事務所でも助成金無料相談を行っておりますので、もし、このブログをお読みのあなた様が、「この助成金、当社に該当するように思えるんだけど・・・」「この助成金についてもう少し詳しく知りたいな」など助成金についての疑問点がありましたら、お気軽に無料相談をご利用下さい。

労災保険における通勤とは?

通勤の途中での事故等により負傷等した場合には、労災保険から保険給付を受けることができます。しかし、労災保険では通勤に一定の制限を設けていて、補償の対象となるには、合理的な経路及び方法による通勤であることが必要となってきます。

就業規則と休職制度について

休職制度も相対的記載事項であるため、法的に事業主の方に求められる義務ではありません。しかし、福利厚生の面以外にも復職出来ない場合の取扱いが明確になるため、休職制度は、設けた方が良いと言えます。

就業規則と退職金制度について

就業規則の相対的記載事項の中の1つに退職金があります。本来、退職金制度が、無くても法律的には全く問題ありません。一度、退職金制度を導入すると、通常の賃金と同様に扱われ、経営者には支払いの義務が生じます。退職金制度を導入する場合には、慎重に検討することが必要です。

65歳超雇用推進助成金 何故、ノーリスクなのか?

平成28年10月に、65歳超雇用推進助成金が創設されました。この65歳超推進助成金は、企業にとって非常に魅力的で、特に中小企業においては、支給要件に該当すれば、ほぼノーリスクで助成金を受給することが可能です。今回は、この点についてお話ししたいと思います。

就業規則の絶対的記載事項とは?

就業規則を作成する場合、必ず記載しなければならない絶対的記載事項と定めがある場合に記載しなければならない相対的記載事項があります。就業規則を作成する場合には、まず絶対的記載事項と相対的記載事項について正しく理解することが重要です。

就業規則の周知と労働契約との関係

就業規則の基準に満たない労働契約は、無効となるので、従業員を雇用する際には、その点を考慮する必要があります。また、就業規則は、周知して初めて効力を有するので、就業規則は、必ず周知することが重要です。

« 1 2 3 14 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾