開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 労働トラブル防止

タグ : 労働トラブル防止

労働基準法と就業規則との関係 -2-

就業規則の作成義務は事業場単位で判断されます。労働者を、常時10人以上雇用している事業場には、就業規則の作成義務が生じます。しかし、労働者の数が10人未満であっても、労働トラブル防止や秩序ある職場環境の維持を考えれば、就業規則を作成することをお勧めします。

a0002_009476_m

36協定の提出は重要です! -2-

36協定を締結しても、時間外労働時間には上限時間が定めらています。しかし、36協定に特別条項を付帯することにより、時間外労働時間の上限時間を超えて労働させることが出来るようになります。ただし、特別条項を付帯しても月の時間外労働時間の上限時間を超えることができるのは、年に6回までとなります。

a0830_000395_m

取締役が雇用保険に加入するには・・・? -2-

取締役が、雇用保険に加入するには、労働者としての身分が強い必要があります。労働者としての身分が強いか否かを判断する1つのポイントが労働時間の管理です。そのために、取締役が雇用保険に加入する場合には、通常の労働者同様に出勤簿又はタイムカードの記載が必要となります。

a0001_016654_m

従業員の雇用で後悔しないためには・・・ -1-

従業員を一度雇用すると労働基準法等の様々な法律の制限を受けます。しかし、経営者には、採用の自由があるため、従業員を雇用した後で後悔しないためにも、「とりあえず」という気持ちで従業員を安易に雇用することは避けるべきと言えます。

a0002_003636_m

適正な労務管理は従業員に安心を与える

法令順守を心掛け、適正な労務管理を行うことは、労働トラブルを防ぎ、従業員が安心して働くことができる職場環境の形成に繋がります。労務管理の適正化を目指すには、いきなり100%を目指さずに、できる所から少しづつ改善を積重ねていくことが大切です。

a0003_001885_m

雇用契約書の重要性について -2-

労働基準法では、労働者の雇用時に一定の労働条件通知すればよく、雇用契約書の締結まで求めてはいません。しかし、労働トラブル防止の観点から考えれば、従業員の署名・捺印が必要となる雇用契約書を交付することが望ましいと言えます。

a0002_003636_m

雇用契約書の重要性について -1-

雇用契約書は、労働トラブルを防止するために最も重要な事項です。正社員だけでなくパートタイマー、アルバイトであっても雇用する場合には、必ず雇用契約書を締結する必要があります。

a0008_001827_m

「労働トラブルの防止」の取組みは、労働者に安心感を与える

労務管理が整備されている企業に対しては、従業員は安心感を抱きます。従業員が安心して働けると言う事は、企業にとって非常に大きなプラスです。つまり、労働トラブル防止というとネガティブなイメージで捉えられてしまいますが、必ずしもネガティブな面だけでなく、ポジティブな要素も十分持ち合わせているのです。

a0008_001880_m

助成金から退職金、労働トラブル防止まで!無料レポートのご案内

当事務所では、経営に関する無料レポート・メールセミナーを発行しております。「労働トラブル防止」 「退職金」 「解雇」から「助成金」まで幅広い分野で、事業経営に役立つものばかりです。無料レポート・メールセミナーは、全て無料となっておりますので、お気軽にご利用下さい。

collage-2
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾