開業15年の社会保険労務士が、経営の安心安定実現のために経営者を応援するブログ
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 休憩時間

タグ : 休憩時間

Q135:ノンアルコールビールを休憩時間に飲む社員がいるのですが・・・。

【質問】   最近、従業員の中に休憩時間にノンアルコールビールを飲む社員がいます。確かにノンアルコールなので、飲酒とは違うと思うのですが、あまり好ましいこととは思えないので、やめるように言ったのですが、「ノンア …

Q125 労働時間とは具体的にどのような時間なのでしょうか・・・?

【質問】   「当社は、運送業を営んでいますが、配送先の関係で、荷物の積み降ろしを行うまでの間、トラックの中で待期している時間があります。このような時間、運転手は、車内で特に何も作業を行っていないのですが、この …

Q35 勤務時間中の怪我でも労災保険が使えないのですか・・・?

【質問】   「先日、同業者が、従業員が、勤務時間中に怪我をしたのに、労災保険を使うことがでできなかった、と言っていたのですが、勤務時間中の怪我でも労災保険を使うことが出来ない場合があるのですか?」 &nbsp …

Q34 休憩時間中の外出を許可制にしたいのですが・・・。

【質問】   「業務の都合上、休憩時間に外出する場合に、許可制にしようとしたところ、従業員から、労働基準法上、休憩時間は、自由利用が保障されているので、外出の許可制は、労働基準法違反だ、と言われました。休憩時間 …

Q33 休憩時間は、45分間でも大丈夫なのですか・・・?

【質問】   「当社では、1日の勤務時間が、8時間で、休憩時間を1時間としています。先日、同業者の方から、勤務時間が8時間の場合、休憩時間は、45分でも大丈夫、ということを聞いたのですが、本当でしょうか?もし、 …

Q1 労働基準法の基準を上回る休日割増賃金の支給

【質問】   「当社では、完全週休2日制を導入しています。先日、週休2日のうち1日だけ出勤した場合には、割増賃金は、3割5分増ではなく、2割5分増で良いと聞きました。当社には、法律に詳しい者がおらず、労働基準法 …

適正な労務管理には就業規則は欠かせません-2-

就業規則を作成する際には、守らなくてはならにルールがいくつかあります。ですから、就業規則を作成するには、労働基準法等の法律を正しく理解する必要があります。今回は、絶対的記載事項と相対的記載事項についてお話したいと思います。

就業規則の絶対的記載事項とは?

就業規則を作成する場合、必ず記載しなければならない絶対的記載事項と定めがある場合に記載しなければならない相対的記載事項があります。就業規則を作成する場合には、まず絶対的記載事項と相対的記載事項について正しく理解することが重要です。

雇用契約書について 

労働基準法では、賃金や労働時間等の重要な労働条件については書面で従業員に通知することを義務付けています。また、書面での労働条件の未通知が、労働トラブルの最も大きな原因となっています。ですから、労働トラブル防止の観点からも、書面による労働条件の通知が非常に重要となってきます。

労働基準法と就業規則との関係

就業規則の各条項の中には労働基準法の制限を受けるものがあり、それらは当然、労働基準法の基準に達している必要があります。ですから、就業規則は、会社を守るという側面もありますが、それとは別に労働基準法との関係も正しく理解する必要があります。

1 2 »
【無料】特別レポート

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

【無料】特別メールセミナー

→詳細はこちら

姓   

E-Mail

PAGETOP
Copyright © 経営者応援.com All Rights Reserved.
Produced by AWBM塾