-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
佐々木さん2

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し
労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント 松本容昌  です。

 

労災保険では、通勤の途中での事故等により負傷等した場合に、

必要な給付を行いますが、合理的な経路及び方法による通勤の途中での事故等である
必要があります。

 

これまで、通勤の途中で合理的な経路から外れる「逸脱」についてお話しましたが、
労災保険においては、通勤の途中での事故等であっても、補償の対象とはならない

場合がもう1つあります。

「中断」と呼ばれる行為です。

 

今回は、中断についてお話したいと思います。

◆これまでの記事はこちら
>>「労災保険における通勤とは?-1-」
>>「労災保険における通勤とは?-2-」
>>「労災保険における通勤とは?-3-」

 

「中断」後も「逸脱」同様、補償の対象とはなりません

 

a0001_006043_m

前回お話しましたように、「逸脱」は、合理的な経路から、
通勤以外の目的のため外れてしまった場合には、それ以降は通勤と

みなされなくなり、労災保険の補償の対象とはならなくなります。

 

例えば、会社帰りに映画館に行くために、合理的な経路から外れて
しまったら、外れた時点でそれ以降は通勤とはみなされなくなります。

 

では、合理的な経路上に映画館があった場合はどうでしょう?

 

実はこれが、「中断」にあたります。

つまり、

「中断」とは、通勤の経路上において通勤とは関係のない行為を行うことを言います。

 

ですから、たとえ通勤途上に映画館があっても、映画館に入った時点で
通勤が終わり、それ以降は通勤とはみなされなくなりますので、

当然、労災保険の対象とはならなくなります。

 

ところで、「逸脱」の時にお話した、

「日常生活上最低限の行為」についての例外は、この「中断」についても適用されます。

 

通勤途中で、通勤経路上にあるスーパーで日用品の購入等を行う場合、
スーパーに立ち寄っている間に発生した事故等は補償の対象にはなりま

せんが、スーパーを出て、再び合理的な経路に復した以降は、通勤と
みなされます。

 

退社前でも「中断」が適用される・・・???

 

a0008_000595_m

ところで、この「中断」において注意すべき点があります。

 

従業員、が勤務終了後何らかの理由で会社何に残っている場合があります。

残っている理由が、業務に関係したものならば問題ないのですが、時として
業務とは関係が無い理由で残っている場合もありえます。

 

通勤とは、会社を出た時点から開始する、と思われがちですが、

そうではなく、業務が終了した時点から開始する考えられています。

 

つまり、この「中断」では、業務終了後、たとえ会社内であっても、通勤とは
関係の無い行為が行われた場合には、それ以降は通勤とはみなされなく

なります。

 

例えば、業務終了後同僚数名で会社内で飲酒等をした場合には、たとえ、

それ以降、合理的な経路で帰宅しても通勤とはみなされなくなる場合があります。

 

ただ、会社内での行為は一概に線引きが難しくて、たとえ飲酒した場合でも
送別会や懇親会といったある程度業務と関連があれば、会の終了後は通常

の通勤とみなされる可能性も高いと言えます。

 

また、サークル活動等もある程度までは業務との関連性が認められるかと
思います。

 

ただ、いずれにしても「中断」においては、

通勤途上だけでなく、業務終了後の会社内での行為も含まれる、

という事は、是非憶えておいていただければと思います。

 

ところで、帰宅途中で業務を済ませて帰る、という事は日常よく起こることかと
思います。

このような場合に災害が発生して負傷等した場合にはどのように取扱われるので
しょうか?

 

また、それに関連して帰宅途中に業務を行う事は、実は、企業にとって大きな
リスクが存在します。

出勤途中又は帰宅途中の業務については以前にもお話ししましたが、リスク
管理上非常に重要な点ですので、再度お話ししたいと思います。

 

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌

 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理
に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568   (静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)休日:土日祝日