-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌  です。

 

前回、雇用契約書が、労働トラブルを防止する上で非常に重要である、というお話をしました。

今回は、雇用契約書について別の角度、従業員の立場からお話したいと思います。

これは以前お話しした内容と重なるところもありますが、労務管理を考える上で非常に重要な視点ですので、是非お読み下さい。

 

◆前回までの記事
>>従業員の雇用で後悔しないためには・・・ -1-
>>従業員の雇用で後悔しないためには・・・ -2-

 

雇用契約は、権利だけでなく義務も明確化します。

 

a0002_002271_m

従業員を雇用するということは、労働契約を締結するという事です。

従って、従業員は、賃金を受け取ったり、休日、休憩を取ったりできる権利を得ると同時に、適正な労働を提供し、会社のルール等を遵守する、といった義務を負うことになります。

ですから、雇用契約書を交わすということは、権利関係だけでなく、義務の関係についても明確化することとなります。

従って、しっかりとした雇用契約書を交わす事により、従業員にとっても「何をしなければならないのか」「何を守らなければならないのか」がはっきりとすることにより、労働トラブルを自体を発生させない大きな抑止力となります。

 

実際、私の顧問先で、従業員を雇用するにあたり、雇用契約書を締結しようとしたら、「こんなしっかりとした会社には追いていけない」と従業員の側から入社を拒絶した事がありました。

それだけ、雇用契約書を締結するかしないかによって、従業員の心構えも大きく変わってくると言えます。

また、雇用契約書の締結は、労働トラブルの防止だけの効果だけはありません。
 
 
<スポンサーリンク>



 

書面の交付が従業員に安心感をもたらします。

 

a0001_011463_m

通常、何か大切な取引や契約を行う時には書面で行うのが通常です。

もし、大切な取引や契約にもかかわらず、書面でなく口頭で行われたら、きっと不安に思われるかと思います。

従業員を雇用する時も同じだと思います。従業員も働く前はどんな会社なのか不安を持っています。

そんな時に、雇用契約にそれなりの時間を費やしてくれて、労働条件や会社のルールや規程をしっかり、説明してくれれば、「この会社はしっかりしていて、安心して働く事ができる」と従業員も思うはずです。

 

「なんかいい加減な会社」と思って働くより、安心感を持って労働する方が、当然、生産性も高くなります。

このように、雇用契約書を締結するという事は、労働トラブルを防ぐといった、いわばネガティブ的な面だけでなく、従業員に安心、信頼を与えるというポジティブな面も持っています。

このようにしっかりと雇用契約書を締結するという事は、経営上非常に重要な要因となりますので、是非、今後のご参考になさって下さい。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

03

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

登録はこちらをクリック
>>無料メールセミナー「労務365日」

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562

対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日
※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。