-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する

経営の安心・安定実現コンサルタント
松本容昌  です。

 

前回のブログでは、法令遵守(コンプライアンス)に対する姿勢が、経営を行う上で、最も重要であると書きました。

ところで、ご存知のように、従業員に法定労働時間を超えて働かせた場合には、労働基準法で定められた時間外割増賃金を支払う必要があります。
 
 
前回の記事はこちら
>>時間外手当を法律通りに支払ったら会社は潰れる・・・?-1-

 

法令を遵守しても利益を出すのが本来の姿。

 

a0002_003051_m

時間外割増賃金の増加は、経営者にとっては、重要な課題です。

また、用も無く会社に残っている、いわゆる「ダラダラ残業」の問題もあります。

ですから、よく聞く言葉ですが、「法律通りに残業代なんて払っていたら、会社なんてやっていけないよ」
という経営者の気持ちも理解できないわけではありません。

しかし、私は、この言葉は、経営者の経営に対する本質を表している言葉だと思っています。

ですから、経営者の方には、この言葉を使って欲しくないのです。

 

と言うのは、以前、「法律通りに残業代なんて払っていたら、会社なんてやっていけないよ」という経営者の方に、少し意地悪な事を聞いたことがあるのです。

「社長、法律通りに残業代なんて払っていたら、会社なんてやっていけない、とおっしゃいますが、残業代がいくらかかるから、やっていけないんですか?」

「いくらか、そんなものはわからないよ。」

「では、残業代をいくら支払わなければならないかもわからないのに、どうして、会社がやっていけない、ってわかるんですか?」

「それは・・・。」

きっと、嫌な事を言う社会保険労務士と思われたでしょうね(笑)

 

それはともかく、この経営者の方は、支払う残業代の額も知らずに、盲目的に「法律通りにやっていたら、会社はやっていけない。」と言っていたんです。

つまり、心の何処かに「法律通りにしなくても、仕方がないことだ」という気持ちを持っていたのだと思います。

だから、先程のような言葉が、出てくるのだと言えます。

 

ただ、実際に、法令遵守を実行しようとすると、多くの労力と手間、費用が必要となります。

また、法律自体が、実情と合致していない、と思うこともあります。

しかし、それでも、「法律通りにやらなくても仕方が無い」にはならないはずです。

法令遵守しても利益を出せる、そういう会社を目指すことが、本来の経営者の姿だと思います。
 
 
<スポンサーリンク>



 

いきなり100%を目指す必要はありません。

 

a0001_011462_m

「法律通りにしなくても、仕方がないことだ」と思ってしまった時点で、思考は、その時点で停止してしまいます。

ところで、どんなに法令遵守の気持ちを持っていても、経営の状況等の理由で、現実的に無理な場合もあります。

しかし、そのような場合でも、100%は無理としても、現在の状況が30%としたら、まず何とか50%を目指す。

そのような姿勢を持つことが大切なのです。

 

以前、これは知り合いの税理士の先生から聞いたのですが、素晴らしい言葉があります。

「たとえ、うまくごまかせても、その額は、たかが知れているのです。実際、ごまかして得する額というものは、失うものと比べたら本当に些細な額なんですよ。」

前回、お話しした食品偽装問題で世間の批判を浴びた有名ホテルですが、芝エビをバナメイエビと偽らずに、正直に、バナメイエビと言っていたら、本当に経営に行き詰ったのでしょうか?

バナメイエビと偽って、結果的にどれ位得をしたのでしょうか?

この問題は、「法令遵守」という言葉の重みを今一度考えるべき問題だと実感しました。

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
<スポンサーリンク>



 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562

対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日
※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。