-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

こんにちは

「聞きやすい」「わかりやすい」「何でも聞ける」

15年の経験と実績に加え迅速な対応と実行力で、労働トラブルを防止し労務管理適正化を実現することで会社の更なる発展に貢献する
経営の安心・安定実現コンサルタント

松本容昌 です。

 

これまで「扶養の範囲内」について書いてきましたが、私は、以前からこの「扶養の範囲内で働きたい」という、誰もが当たり前のように使っている言葉が、事業経営に大きな歪みを生じさせているのではないかと以前から思っていました。

 

前回までの記事
>>「扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -1-」
>>「扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -2-」
>>「扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -3-」
>>「扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -4-」
>>「扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -5-」

 

事業経営に支障をきたしている場合もあります

 

wmn0110-001

「扶養の範囲内働きたい」

これまで、多くの方が使うこの言葉に関して、密接な関係がある数字、103万円、130万円についてお話ししてきました。

結局、「扶養の範囲内」とはいくらなのでしょうか?

私は、「扶養の範囲内」には、明確な定義は無いと思っています。

つまり、103万円、130万円という数字だけが勝手に一人歩きしてしまって、さらに、数字がよく似ているため、多くの方が、103万円、130万円の区別も付かずに、ただ、「扶養の範囲内」というあたかも、ものすごく得をするものである、というイメージが出来上がってしまった感があります。

 

ところで、現実問題として、「扶養の範囲内で働きたい」という、事業経営に大きな歪みを生じさせているのではないかと思います。

私は、今回このブログを書くにあたって、何人かの女性労働者の方に、「扶養の範囲内の扶養、って具体的にはいくらなの?」という質問を投げかけてみました。

残念ながら、誰も正確には答えられませんでした。

もちろん、正しい仕組みを正確に理解して、それに基づいて労働している 人もいるでしょう。

しかし、多くの方は、「扶養の範囲内」という言葉を、非常に曖昧に使って いるのではないでしょうか?

 

では、何故、事業経営に歪みを生じさせているかについてですが、実は、この「扶養の範囲内」という言葉を、多くの事業主の方も、曖昧にしか理解していないように思えます。

会社にとって有能な社員は、たとえそれがパートタイマー等のいわゆる非正規社員で あっても非常に大切です。

有能な社員であるにもかかわらず、「扶養の範囲内」という壁に阻まれてしまって、その能力を発揮できていないケースというのは、実はかなりの割合になるのではないでしょうか?
 
 
<スポンサーリンク>



 
事業主の方が、制度を正しく理解していれば、もっともっとパートタイマー等を活用させることができるのではないかと思います。

しかし、社員から「扶養の範囲内で・・・」と言われてしまえば、それが、「当然に正しい事」と何の先入観も無しに受け入れてしまう、そんな風潮があるような気がしてならないのです。

 

労働時間が限りがあれば、責任ある仕事も任せられ難くなってしまいます。

逆に労働者側も、「扶養の範囲内」と仕事の量を限定してしまえば、労働意欲 そのものを最初から限られたものとしてしまいます。

もちろん、子育てや介護等様々な理由で、労働時間に制限を付けなければ ならないケースはあります。

それ自体を否定するつもりは全くありません。

 

私がここでお伝えしたかったことは、事業主の方も労働者の方にも、「扶養の範囲内」という言葉を盲目的に使わずに、本当に収入を一定金額以下に抑えることが得策なのか、具体的な数字を基に考えていただきたいのです。

そうすれば、パートタイマー等の非正規社員の活躍の場も広がり、会社にとってもプラスの結果をもたらすのではないかと思います。

 

さて、年末が近づくと、「扶養の範囲内」を超えないように、労働時間を調整する社員のことを聞きますね。

でも、私は、これに関しても、ずっと疑問を持っています。

 

↓続きはこちらの記事をお読み下さい↓

wmn0123-001
>>扶養の範囲内とは?とは、そもそも・・・? -7-

 

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございます。
社会保険労務士 松本 容昌
 
 
 
<スポンサーリンク>



 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

 

労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

◆登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

 

無料相談実施中!

 

CIMG4505

当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562

対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日
※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。